大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

歩行の変化は認知機能低下、認知症アルツハイマー病

今週の会議で研究者らは、歩行の遅れや歩幅の変化や歩幅の変化など歩行の変化が精神障害の早期兆候であり、アルツハイマー病に発展する可能性があることを示唆している。彼らは、変化を診断することが、認知機能低下の検査を開始するよう医師に警告する可能性があることを示唆している。

7月19日までカナダバンクーバーで開催されている2012年アルツハイマー協会の国際会議(AAIC)で発表された一連の研究は、この疾患の物理的変化を最初につなぐものです。研究者らは、歩行パターンの変化が、認知障害が現れる前でさえ示される可能性があることを示唆している。

歩行分析は安価な方法で早期兆候を検出することができます

アルツハイマー病協会のチーフ・メディカル・アンド・サイエンティフィックオフィサーであるWilliam Thiesは、ベビーブーマー世代が認知症とアルツハイマー病の高齢期に近づくにつれ、医師は早期の徴候をますます認識する必要があると報じた。

「これらの研究は、歩行の変化を観察し測定することが、さらなる認知評価の必要性を示すための貴重なツールとなり得ることを示唆しています。

「患者との時間が限られている忙しい医師にとっては、安価な技術や評価に多くの時間を要しないため、歩行の劣化やその他の変化を監視することが理想的であり、比較的簡単で簡単です。 。

歩行の変化を認知障害に結びつけることは新しいことではないが、これらの研究まで、どのような歩行の特徴(例えば、速度、律動、歩幅、歩幅)が将来の認知低下に結びつくかはあまり明確ではない。

歩数ケーデンス、速度と振幅

1つの研究では、アメリカのMayo Clinic Study of Ageing(MCSA)のRodolfo Savicaらは、約15ヵ月間隔で2回の異なる診療所で1,300人以上の歩行パターンを記録しました。

訪問中、参加者は精神機能の4つの領域(記憶、執行、言語、視空間)を評価した神経学的および神経心理学的検査を受けた。参加者の158人はMCI(軽度認知障害)と診断され、11人は認知症と診断された。

研究者は、コンピュータベースのツールであるGAITRiteを使用して参加者のパターンの変化を分析したところ、歩行長さのスピードと振幅が低い人は、全体の認知、記憶および執行機能においてより大きな低下を示した:

「私たちは、歩行速度の低下、ケイデンスとストライドの長さ、および人口における世界的およびドメイン特異的認知低下の両方の間の関連性を観察した」とSavicaは述べた。

「これらの結果は、認知障害の早期予測因子としての歩行変化の可能な役割を支えている」と彼は付け加えた。

ストライド速度とバラツキ

歩行の特徴を分析したスイスで行われた別の研究では、歩数の速度と変動性が認知障害を追跡する可能性も示唆されています。

バーゼルモビリティセンターのStephanie A Bridenbaughとその同僚は、バーゼルMemoryClinicとバーゼルモビリティセンターに参加していた平均年齢77歳の外来患者1,150名と、バーゼルコホート研究に参加していた認知度の高いボランティアグループを2007年から2011年。

参加者は、相互に接続された約30,000の圧力センサを有する10メートルの長い電子軌道上を歩いて歩行解析を行った。彼らは歩行作業の3つのタイプをしました:1つのシングルと2つのデュアル。

単一の歩行作業では、電子軌道上を通常通り歩くだけでした。一つの二重仕事では、彼らは正常に歩いただけでなく、後ろに数えて大声でカウントし、もう一つは彼らは正常に歩き、彼らが示された動物の名前を呼んだ。

このデータを分析するために、研究者らは、認知的に健康な、軽度の認知障害(MCI)およびアルツハイマー病(軽度、中等度および重度)の診断に従って、参加者をグループに分けた。

彼らは、参加者の歩行が、認知機能が低下するにつれて、より遅くかつより多様化することを見出した。すべてのグループで、通常の単一タスクと比較して、デュアルタスクの間は歩行速度が遅かった。

「アルツハイマー型認知症の患者は、認知症の患者よりも歩行が遅いMCIの患者よりも歩行が遅い」とBridenbaugh氏は述べている。

「歩行解析は、患者の認知状態を診断するための包括的な神経心理学的評価に取って代わるものではないが、診断を助け、治療効果や病気の進行を記録する重要なツールとなるかもしれない」と付け加えた。

オランダ、米国、日本からのその他の所見

別の研究では、オランダのロッテルダムのエラスムス医療センターの研究者は、特定の認知機能が歩行の特定の側面にのみ関連付けられていることを発見しました。例えば、情報の処理速度は歩行リズムと関連し、実行機能は歩調と変動性と関連していたが、記憶は歩行の特定の局面に関連していなかった。彼らの研究には、ロッテルダム研究に参加していた48歳以上の1,200人以上が関わっていました。

米国の研究では、家庭内での継続的なモニタリングは、単一のテストよりも歩行をより正確に評価する方法である可能性があることがわかりました。 PortlandのOregon Health&Science UniversityのLisaSilbertは、19人の認知症のないボランティアと協力し、1つの時点で歩行速度を見積もって、高齢者の歩行能力を推定することができました。

「私たちのデータは、継続的な家庭内モニタリングが歩行速度のより正確な反映を提供し、将来の認知機能低下に伴うモータチェンジの検出においてより敏感であり得ることを示唆している」とSilbertは述べている。

東北大学大学院医学系研究科の研究者らは、痴呆の重症度が高いほど歩行速度が著しく低下することを見出した。日本で75歳以上の住民525人を対象とした研究では、MRIを用いた脳萎縮も計測され、広範囲の記憶とナビゲーションネットワークの中心となっている嗅内皮質の形成術gaitvelocityにリンクされています。

キャサリンパドック博士が執筆

Like this post? Please share to your friends: