大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

空気清浄剤がアレルギー症状を引き起こす

アレルギー、アレルギー、アレルギーの米国学会(ACAAI)の年次学術集会で発表された研究によると、通常芳香剤と香りの入ったキャンドルのホームフレグランスは、アレルギー症状を引き起こすか、既存のアレルギーを悪化させ、 )、ボストン、米国。 ACAAIの会長エレクト、Stanley Fineman、MDは、家庭用香りのキャンドルや空気清浄機の販売が増加している一方、これらの製品が使用されている家庭では呼吸器疾患率も上昇していると述べています。

Fineman博士は次のように述べました。

人の気分よりもはるかに大きな問題であり、人口の約20%、喘息患者の34%が空気清浄剤の健康問題を報告しています。
彼らは国の森林として新鮮なにおいをすることがありますが、多くの家庭用芳香剤にはVOCが含まれています – 揮発性有機化合物 – 家庭用臭気を取り除くのではなくマスクします。

空気清浄機で見られる最も一般的なVOCは次のとおりです。

  • アルコール
  • エステル類 – 酸をアルコールと縮合させることによって形成される。香水によく使用されます。
  • ホルムアルデヒド – National Toxicology Program(米国)はホルムアルデヒドを「ヒト発がん性物質であることが知られている」と記載しています。 (2011年6月10日)。繊維産業では、ホルムアルデヒドをベースとする樹脂を使用して、生地にしわを生じにくくしています。デリバティブは、自動車の製造、電気システム、エンジンブロック、ドアパネル、ブレーキシュー、アクスルの部品の製造に使用されます。
  • リモネン – この無色の液体炭化水素には強いオレンジの香りがあります。これは環状テルペンとして分類される。これは、カルボンの前駆体として使用される。洗浄目的の溶剤としてますます使用されている。機械部品から油を除去する。
  • 石油蒸留

VOCの推奨される許容レベル以下でさえ、子供の喘息症状を引き起こす可能性があります。より高いVOC濃度では、人間はめまい、頭痛、気道の刺激、眼の刺激、さらには記憶障害を経験する可能性がある、とDr. Finemanは説明する。

最近の調査によると、プラグイン脱臭剤には20以上のVOCがあり、その1/3が有害または有毒と分類されています。

いくつかの空気清浄機は、連邦のガイドラインによると、VOCsの有害または有害なレベルを持っています。しかし、ホームフレグランスの販売は絶え間なく成長し続けています。 2015年の世界市場は83億ドルに達すると予測されています。

Fineman博士は次のように述べました。

「ホームフレグランスの消費者の間では、楽しい家庭が休暇だけではないこともあります。また、メーカーは、これらの製品を健康と気分を高めることを意味するアロマテラピーとして販売する傾向が見られています。これらの主張を支持する。

関連する健康リスクのない新鮮な香りを望む消費者にとって、Fineman博士は、「有機性」または「緑色」とラベルされた製品を選択するのではなく、母なる自然を取り入れるために窓を開くことを推奨しています。

「オールナチュラル」または無香料で販売されている製品でも、危険な化学物質を放出する可能性があります。最も安全な選択肢は、空気清浄機が放出する汚染物質への暴露を避けることです。
Fineman博士は、次の人々がもっと気づく必要があると言います。

  • 消費者 – 買い物客は、彼らが家に持っているものを注意深くチェックする必要があります
  • ヘルスケアの専門家 – 医師や専門家(アレルギー師)は、 “この潜在的な引き金をレーダーに残しておく”必要があります。医師は患者に香りのある製品にさらされているかどうかを尋ねるべきです。

2008年、ワシントン大学の土木・環境工学教授であるAnne Steinemannは、空気清浄機と洗濯製品をテストしました。 (記事へのリンク)

Steinemannは言った:

“発見された化学物質の数と潜在的な毒性の両方に驚いた。

ネイルポリッシュリムーバーに使用される活性成分であるアセトンおよびシンナーを含むいくつかの有害な化学物質が同定された。

Steinemannは続けた:

さらに、6つの製品のうち5つが発がん性のある「有害大気汚染物質」を排出していましたが、これらは環境保護庁安全な曝露レベルはありません。
国立衛生研究所の一部である環境健康科学(NIEHS)が2006年に実施した研究では、芳香剤に使用される化学物質が肺機能を低下させることが判明しました。 (記事へのリンク)

Christian Nordqvistによって書かれた

Like this post? Please share to your friends: