大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

高齢者のための終末期ケアはしばしば過度に積極的

ブラウン大学の研究者らは、高齢患者の間でホスピス使用率とICU利用率が過去10年間で増加していると報告している(JAMA)。著者らは、より遅いヘルスケアの移行、入院の繰り返しなど、積極的なケアは本当に患者とその家族が本当に望むものを表していると付け加えました。おそらくそうではありません。

高齢者は10年前よりもホスピスケアで死に絶えている、と著者らは説明する。しかし、ICU(集中治療室)に入院した直後から、非常に短時間でそうしている人が増えています。高齢患者のための緩和ケアは、医師、医療提供者、患者およびその家族が座ってオプションを議論する患者のケアの適切に計画された部分ではなく、しばしば補足としてのみ発生するように見える。

主任著者であるブラウン大学の公衆衛生プログラムの保健サービス政策および実践教授であり、ホーム&ホスピスケアロードアイランドの緩和ケア医であるJoan Teno博士は次のように述べています。

「多くの患者にとって、ホスピスは人生の最後の日に非常に積極的なケアのパターンにアドオンされており、これは患者が望むものではないと私は考えている」
博士TENOとチームが集まって、彼らはこれらの人々が死んだ場所に焦点を当てた2000年、2005年と2009年に死亡した84万以上の高齢患者(歳66+)のメディケア有料のためのサービス記録からデータを検討した医療サービスの種類彼らは人生の最後の3ヶ月間、そしてどれくらいの期間受け取りました。

2000年以降、ホスピスと病院に基づく緩和ケアチームは、ヘルスケアシステムの主要な役割を果たしてきました。しかし、より深く分析した後、Teno氏とチームは、ホスピスが死ぬ先輩を提供することを意味する「快適さと心理的サポートの完全な尺度」をしばしば提供していることを発見しました。

  • ホスピスケアを受けた高齢の死亡者の割合は、2000年の21.6%から2009年の42.2%に増加した
  • しかしながら…

  • これらの患者の24.3%は、2000年の生活の最後の月に集中治療を受けていました。この数字は2009年に29.2%に上昇しました。
  • 2008年のホスピス使用の28.4%には、最大でわずか3日間の患者が含まれていました。これらの患者の40%が集中治療室滞在から来た

ボストンのダナファーバー癌研究所(Dana-Farber Cancer Institute)の研究者らは、末期がん患者が集中治療ではなく病院にいない場合、より生活の質が向上していることを内科アーカイブ彼らの医者との治療的同盟。

積極的なケアは多くの医療センターで一般的です

Dartmouth CollegeのGeisel School of Medicineの保健政策研究センターのディレクターであるDavid Goodman博士は、共著者として、その一例を挙げました。彼の妹は2008年に癌を発症し、ホスピスに入る前日の外科手術中に死亡した。グッドマンは「積極的なケアは多くの医療センターで標準的だ」と述べた。

Dr.

この研究で観察されたケアのパターンは、妹、研究チームの他の友人や家族を含む多くの患者が不必要に苦しんでいた経験を反映している」と語った。
Dana-Farber Cancer Instituteの研究者は、終末期のケアに関する治療中に早期に医者と話をする末期癌患者は、積極的な治療を受けない傾向があることを発見しました。

全患者のうち、4.6%が2000年に死亡する前のわずか3日間でホスピスに紹介されたが、この数字は10年後に9.8%に上昇した。

Teno氏は、「ICUからホスピスへ行くこのパターンでは、死に至るこれらの患者は症状コントロールを遅くしており、ホスピス滞在期間が長くなったため、心理社会的支援から多くの利益を得ることはできない」と語った。

研究者が収集したすべての患者のうち、過去30日間のホスピスでの滞在日数は、2009年に6.6人、2000年には3.3人であった。しかし、集中治療日数は2000年の1.5日から1.8 2009年の日数。

研究者が報告したいくつかのデータは以下の通りです。

  • 高齢者は、病院で死亡する可能性は24%低く、2009年に自宅で死亡する確率は11%
  • しかし…

  • 高齢者の14.2%は、2009年の最後の3日間に1つの場所から別の場所に移転され、2000年の10.3に比べて移転された。
  • 2009年には、患者は過去3ヶ月間に平均3.1回の移行をしたが、これは2000年の2.1回であった

レポートのシニア著者であるVincent Mor氏は、これらの傾向は次のように反映していると説明しています。

  • より多くの入院再入院
  • もっと遅いトランジション
  • 今日のICU利用率の向上

理由と推奨事項

著者は、この増加は次のものを組み合わせた結果であると考えています。

  • 医師の文化は地域によって異なる
  • 財政的インセンティブを募集するための手数料サービス
  • ケアの目的が何であるかについて、患者とその家族との十分なコミュニケーションがない

研究チームは、死因の予測可能性が最も高い疾患であるがん患者は、COPD(慢性閉塞性肺疾患)患者よりもホスピスケアで死亡する可能性がはるかに高いことを発見しました。予測する。

著者らはまた、最近のホスピス紹介では州ごとにバリエーションがあることに気づいた。テネソー州在住のロードアイランド州では、患者は死亡するまでの最短時間でホスピスに遭遇する可能性が最も高かった。これらの違いは、患者の健康の違いの結果ではなく、緩和ケアに関する地域医療文化の違いであると強調した。

医療費の払い戻しは、財政上の理由から、医師や他の医療従事者が患者や家族と一緒に、嗜好を考慮した場合よりも積極的なケアプランを立てるのではなく積極的な手段を選択するよう促します。 :

「アメリカ人の大多数のための手数料サービスに基づく医療制度から、もう1つのICUの日に人々が支払われないような医療制度に変える必要があります。代わりに、医師と病院が支払われるシステムが必要です死に至る患者のニーズと期待を理解し、それを尊重するケアプランを策定する、高品質で患者中心のケアを提供するためのものです。
この調査は、患者が生活の最後の数週間に緩和サービスを受ける期間、所要時間、所要時間のパターンを明らかにするため、このようなデータを提供します。

メディケアルールは、より積極的な終末期ケアをもたらす

ブラウン大学の研究者らが昨年実施した別の調査では、メディケアの規則により、何千人もの看護師が、終末期に熟練した看護施設のケアとホスピスケアのために同時に払い戻しを受けるのを阻止すると説明した。このメディケアルールは、これらの住民がより積極的な治療と入院を受ける理由です。

主任著者のスーザン・ミラーは、「この研究は、生涯の終わり近くにメディケアSNFケアを使用する高齢の痴呆患者の介護老人ホームの住人の治療法と結果がどのように異なるかを理解しようとする試みであり、またはメディケアのホスピスに登録しないでください。

Christian Nordqvistによって書かれた

Like this post? Please share to your friends: