大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

ベトナム退役軍人のオレンジ暴露による皮膚がんリスクの増加

ベトナム戦争は1975年に終了しましたが、40年後でさえも、この雑誌に掲載された新しい研究によれば、論争の深い除草剤エージェントオレンジに曝露されたベトナムのベテランでは、非メラノーマ侵襲性皮膚癌の割合が高いと報告されています。

強力なジャングルの枯葉剤、数百万ガロンのエージェントオレンジを敵の軍隊を隠して作物を破壊するためにベトナムに散布した。

TCDDと呼ばれる毒性の高いダイオキシン汚染物質を含むオレンジ色のエージェントは、多くの癌を含むヒトの広範な疾患に関連しています。

ベトナム戦争中にTCDDに曝された人の数は誰からも分かりませんが、最も強い除草剤使用期間中にベトナムで約150万人のアメリカ人が奉仕しました。

TCDD曝露および癌リスク

1970年代、ベトナムから復帰した退役軍人は、子供の発疹、癌、心理的問題、先天異常を報告し始めました。エージェントオレンジへの暴露は主な要因として疑われました。

エージェントオレンジの暴露を重篤な疾患に結びつける多くの証拠がありますが、回答されていない有害な健康影響に関する多くの疑問がまだあります。

エージェントオレンジの曝露と皮膚癌の関連性は、1980年代に最初に調査されました。しかし、TCDDに起因する健康問題のために退役軍人に利益をもたらす退役軍人事務所組織は、現時点では皮膚ガンをエージェントオレンジに関連する状態であると認識していない。

退役軍人が皮膚がんを発症する確率は2倍

新しい研究の背後にある研究者は、2009年から2010年までワシントンDCの退役軍人病院でAgent Orange登録に登録した100人の連続ベテラン退役軍人の医療記録を分析した。

負傷した兵士

このサンプルのうち、56%がAgent Orangeで汚染された地域に住んでいたか、30%がAgent Orangeを散布しており、14%がTCDDに曝露されていました。

全体的に、この研究のベテランの51%は、非メラノーマ浸潤性皮膚癌(NMISC)を有していた。これは統計的に有意な数字であり、同様の年齢の男性の平均率の約2倍です。エージェントオレンジを積極的に散布したベテランでは、NMISCのリスクは73%に増加しました。

退役軍人の43%が別の皮膚状態であるクロラケンが観察された。クロラセインを患う退役軍人のNMISC率は80%であった。より明るい肌または目の色を持つ退役軍人もまた、皮膚癌を発症するリスクが高かった。

より多くの研究が必要です

研究者らは、研究にいくつかの問題があることを認めている。退役軍人の健康記録にアクセスすることについての感受性のために、研究では、コントロールグループ(エージェントオレンジにさらされていないベテランのベテランの比較サンプル)を含めることができませんでした。

また、退役軍人に数十年前の事件を思い出させる必要があったため、退役軍人がTCDDにどれくらいの期間さらされたかについての情報が正確であるとは確信できませんでした。

しかし、結果は、TCDD暴露とNMISCのリスクとの間の以前の所見を強化すると、研究者らは述べている。 Clemens博士と共同研究者は次のように述べています。

さらに詳しい研究は、この患者集団内の相対リスクを決定し、退役軍人が勤務中に得たケアを受けるための適切な管理戦略を決定することが保証されています。

Like this post? Please share to your friends: