大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

ネイティブアメリカンの祖先は3つの移行でアジアから来た

南米のチリの先端から北のカナダまでのアメリカ先住民の先祖は、今週のNatureでオンラインで公開された新しい国際調査によると、アメリカの11カ国で60人以上の調査員が関与していることから、アジアから少なくとも3回移動した、ヨーロッパでは4つ、ロシアでは4つです。

これまでのアメリカ先住民の遺伝的多様性に関する最も包括的な調査として記載されているところでは、研究者らはネイティブアメリカンDNA配列の変異を研究した。彼らは、ほとんどのネイティブアメリカンの個体群は主に1回の移動から降下したが、後で2つのものが重要な遺伝子寄与もしたことを見出した。

先住民族の大半を占めた最初の移住は、15,000年以上前の氷河時代に存在していたベリンギアと呼ばれる陸橋をアジアからアメリカに渡った「第一次アメリカ人」と呼ばれる単一のグループであった英国のUniversity College London(UCL)のGenetics、Evolution and Environment部門のAndres Ruiz-Linares教授によって調整された研究者である。

後の移民はおそらく氷河期の終わりに陸橋が消えた後、ボートに到着したと思われる。

記者会見で、ルイス・リナレス氏は、何年にもわたって、アメリカ大陸の和解がシベリアからの移管かどうかについて議論が行われていると説明している。

しかし、私たちの研究は、この議論を解決しました。ネイティブアメリカンは一回の移住に由来するものではありません。また、アメリカの研究はまた、アメリカ内でのhumandispersalのパターンに光を当て始めます。

この発見は、1986年に言語学者ヨセフ・グリーンバーグが提案したことを確認します。ネイティブ・アメリカンの言語の違いを研究して、彼はアメリカが3つの移民の流れに住んでいなければならないと言いました。

研究のために、研究者らは、52のネイティブアメリカンと17のシベリアのグループからの300,000以上の特定のDNAマーカーまたは「スナップ」(SNP、一塩基多型)を検索し、類似した異なるパターンの遺伝子を探した。

米国のハーバード大学医学部の教授であるDavid Reichは、少なくとも3つの「深い系譜」の証拠を発見したと述べている。

「ファーストアメリカ人につながるアジア系統は、最も古くから分かれていますが、カナダのエスキモー・アリュートスピーカーとナデネ語を話すチピワンにDNAの一部を寄贈したアジアの系統は、現在の東アジアの人口と密接に関連しています。 “ライヒは言います。

エスキモー・アウロットのスピーカーのDNAの50%は、第一アメリカ人のDNAであり、ナデネ語のChipewyansのDNAの90%は第一アメリカ人のものです。

この分析では、これらの波の移動がアメリカ大陸に到着すると、グループは南向きに広がり、海岸線を抱き、途中で分裂することが示されました。彼らが分裂した後、グループは互いにほとんど混合しなかった、特に南アメリカで終わったグループ。

しかし、非混合が分散後の一般的なパターンであるように見える一方、研究者は2つの顕著な例外を見出した。 1つは南北のリミックスを示し、もう1つは西西のリミックスを示しています。

南北のリミックスでは、南アメリカから北への移動があるように見えます。これは、ネイティブ祖先の2つの広範囲に分離された鎖からのDNAを含むCentral AmericanChibchanスピーカーのゲノムに反映されています。

西日本のリミックスでは、Naukanのゲノムと北東シベリアの沿岸チュクチの集団が「最初のアメリカ人」のDNAを持っているため、エスキモー・アウロットのスピーカーがアジアに戻ってきたようです。

15世紀後半からアメリカ大陸に到着したヨーロッパ人およびアフリカ人の人口から遺伝子を除外する方法を見つけなければならなかったので、分析は簡単ではなかった。

ルイス・リナレス氏は、これらの遺伝子の追加を「剥がす」方法を開発したと言います。彼は、「私たちが他にやったよりも多くのネイティブアメリカ人の歴史を研究することができました」と言います。

アルゼンチン、ボリビア、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、コスタリカ、フランス、グアテマラ、メキシコ、ペルー、ロシア、スペイン、スイス、英国、および米国:チームは、研究者が含まれています。

キャサリンパドック博士が執筆

Like this post? Please share to your friends: