大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

オメガ3魚油は「てんかん患者の発作頻度を減らすことができる」

米国では約230万人の成人と約470,000人の子供がてんかんを有し、これは再発性発作を特徴とする生涯にわたる神経学的状態である。今や、新しい研究は、てんかん患者が低用量のオメガ3魚油を毎日摂取することによって発作頻度を減らすことができると主張している。

魚油サプリメント

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の神経学科のChristopher DeGiorgio教授が率いる研究チームは、彼らの発見は投薬にもはや反応しなくなったてんかん患者にとって特に有用であるかもしれないと言います。

彼らは自分たちの発見をパレスチナ人に公開する。

オメガ3脂肪酸は、マス、サバ、マグロ、ニシン、イワシ、サーモンなどの油性魚や魚油サプリメントなどを摂取することで得ることができます。

過去の研究は、オメガ3が心調律を安定させ、心臓発作を防ぐことができることを示しています。 DeGiorgio教授は、てんかん患者は心臓発作の危険性が高いため、この症状がない人には重要であると述べています。さらに、チームは、オメガ3が発作を抑制する可能性のあるてんかん患者の脳細胞の興奮性を低下させることに関連していることを指摘している。

しかし、彼らは、高用量魚油を用いたそのような会合を見る以前の研究は決定的ではないことを指摘している。

このように、チームは、高用量および低用量の魚油がてんかん患者の心臓血管の健康および発作頻度に及ぼす影響を決定することに着手した。

低用量の魚油補給は、発作を30%以上減少させた

彼らの研究のために、研究者らは、抗てんかん薬への応答を止めたてんかん患者24人を登録した。

米国におけるてんかんに関する迅速な事実

  • 毎年、米国で約15万人の新規てんかん症例が診断されている
  • 26人のうち約1人が生活のある時点でてんかんと診断される
  • てんかんは、脳卒中、脳腫瘍および頭部外傷などの脳に影響を及ぼす多数の状態によって引き起こされ得る。

各患者は、3つの異なる補充レジメンを受け、その各々は10週間持続し、6週間の期間に分割された。これらが:

  • 低用量魚油サプリメント:毎日3種類の魚油サプリメント(オメガ3の1,080mgに相当)+ 3種類のプラセボサプリメント(トウモロコシ油)
  • 高用量魚油サプリメント:毎日6種類の魚油サプリメント – 2,160mgのオメガ-3
  • 3つのプラセボサプリメントを1日2回。

研究者らは、参加者が低用量の魚油体制に従っていたときに、最低12回の発作が起こったことを発見した。高用量レジメンでは月17回、プラセボレジメンでは月に約18ヶ月であった。これは、低用量レジメンが発作の33.6%の減少を示したことを意味する。

また、低用量の魚油投与後の患者のうち2人は、10週間の試験中に発作は全く認められなかったが、高用量の魚油またはプラセボを服用した患者はいずれも発作がなかった。

さらに、低用量の魚油投与後の患者では血圧が1.95mm / Hg低下し、高用量の魚油では血圧が1.84mm / Hg上昇した。

しかし、チームは、魚油と発作の重症度、心拍数の変化または血中脂質レベルの間には関連性がないことを発見したことに留意する。

彼らの発見に言及して、研究者は言う:

「プラセボと比較して、低用量の胸水が33.6%の発作頻度の減少と関連していたことが主な要因であり、試験の規模にはコンバージョンが必要ですが、発作頻度に対する効果は、抗てんかん薬の多くの無作為化試験と同様である。

血圧の低下は、薬物耐性癲癇のあるコホートにおいて、低用量の胸水が陽性の心血管ベネフィットを発揮する可能性があることを示している。心筋梗塞による死亡は、てんかんの人では老人…

しかし、DeGiorgio教授と彼のチームは、彼らの研究にはいくつかの制限が課せられていることを認めています。例えば、彼らは、補給レジームのそれぞれへの曝露は比較的短く、低用量魚油が発作頻度の低下を持続したかどうかは不明であることに留意する。

彼らは、魚油がてんかんに及ぼす影響の大規模で無作為化された試験が、その所見を確認するために必要であると結論づけている。

オメガ3魚油がアルコール乱用によって引き起こされる脳の損傷から保護することができると主張する研究で最近報告された。

Like this post? Please share to your friends: