大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

認知症のブレークスルー?脳トレーニングゲームは「リスクを大幅に軽減する」

最近の研究は、脳トレーニング訓練が病状のリスクを4分の1以上に下げることができることを発見した後、認知症予防における “画期的な”ものとして賞賛されています。

ラップトップを使用する高齢者

この研究では、10年間で2,800人以上の高齢者が追跡調査を行い、「スピード・オブ・プロセッシング・トレーニング」と呼ばれる脳トレーニングの介入が、参加者の認知症リスクを29%​​減少させたことが明らかになりました。

この介入は、アラバマ大学のバーミンガム大学のKarlene Ball博士と、Bowling GreenのWestern Kentucky UniversityのDan Roenker博士が開発したもので、最近の研究結果は雑誌に掲載されました。

認知症は、学習、記憶、推論などの認知機能の低下が、日常の仕事を行う能力を損なう包括的な用語です。

最も一般的な認知症はアルツハイマー病であり、全症例の約60〜80%を占めています。

認知症は世界中の約4,700万人に影響を与えると推定されています。 2030年までに、この数字は7500万に急上昇すると予測されています。

豊富な研究は、人々が脳鍛錬を通して認知低下と認知症から身を守ることができると示しています。

科学者は現在、脳がどの年齢でも変化に適応できることを知り、そのような調整は有益でも有害でもあり得ることを知っている。このプロセスは「神経可塑性」として知られています。脳トレーニングは、認知機能を維持または増加させる方法で神経結合を強化することを目的とする。

この関連性をさらに調べるために、Drs。 Ball、Roenkerらは、これまでの認知訓練の中で最大の研究であるVital Elderly(ACTIVE)StudyにおけるAdvanced Cognitive Trainingを開始しました。

ACTIVEスタディ

米国国立衛生研究所(NIH)の一部が資金を提供したこの調査には、平均年齢74歳の米国からの総勢2,802名の成人が含まれていました。

参加者は、3つの脳トレーニンググループのうちの1つ、または認知トレーニングを受けていない対照グループの1つに無作為に割り付けられた。

第1グループには記憶力を高める戦略、第2グループには推論スキルを向上させる戦略、第3グループには研究者によって開発された個別処理速度トレーニングが与えられました。

処理速度のトレーニングは、ユーザーの視覚的注意、つまり、ユーザーが目の前のオブジェクトを識別して覚えることのできる速度と精度を向上させることを目的としたタスクです。

処理速度の訓練は、「ダブルデシジョン(Double Decision)」と呼ばれるコンピュータゲームを含み、ユーザは、視線の中心にある車のような物体を見つけ出し、周辺視野の物体を識別する道路標識として。ゲームが進行するにつれて、各オブジェクトにスポットを当てる時間が短縮され、スクリーンには邪魔者が追加されてより挑戦的になります。

研究の最初の6週間に、各脳トレーニンググループは10回のトレーニングセッションを受け、その各々は約60-75分持続した。 11ヶ月および35ヶ月で、各脳トレーニンググループのサブセットには、最大4回の「ブースター」トレーニングセッションが行われました。

すべての研究グループは、最初の6週間後、ならびに1,2,3,5および10年後に、認知機能評価を受けた。 10年間の追跡期間にわたる被験者間の認知症の発生率も評価した。

痴呆リスクが29%減少

研究者らは、認知症の発生率が対照群の中で最も高く、10.8%であることを見出した。

少なくとも15セッションの記憶と推論の訓練を完了した参加者のうち、認知症の発生率はそれぞれ9.7パーセントと10.1パーセントであった。

しかし、処理速度のトレーニングを完了した被験者は、認知症の発生率が5.9%と有意に低いことが判明した。

チームは、処理速度の向上によるトレーニングが10年間で29%の認知症のリスクを減少させ、追加のトレーニングセッションごとに痴呆リスクが10%低下することを計算しました。

「用量反応を調べたときに、タンパベイのサウスフロリダ大学のJerri Edwards博士は、より多くの訓練を受けた人がより保護的な利益を得ることがわかった」と述べている。

研究者は、これまでの18件の臨床試験において、処理速度のトレーニングが認知機能に大きな利点を示していると説明しています。最新の結果と組み合わせて、研究者はこの脳トレーニングの形が認知症のリスクを軽減できると確信しています。チームは言う:

「認知症訓練の特定の形態、処理速度の向上、高齢の成人の認知症リスクの低下は10年後まで続くことが明らかになりました。これが痴呆リスクを大幅に軽減する介入の最初の報告です」

つまり、処理速度の向上が認知機能に効果的であるのか、他の脳トレーニングが有効でないのかを判断するためには、さらなる研究が必要であると強調しています。

「最良の結果を得るためには、適切な訓練が何であるかを調査する必要もあります。介入のタイミングも重要です」とEdwards氏は付け加えます。

「既存のデータは、軽度の認知障害の有無にかかわらず、スピードトレーニングが効果的であることを示していますが、認知症のリスクを低下させる予防的であり、認知症治療ではないことを理解することが重要です。

「進行中の研究では、パーキンソン病患者の介入や他のタイプの認知介入を検討しています」とEdwards氏は結論づけています。

Like this post? Please share to your friends: