大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

死の不安:私たちを動かす恐怖?

死は、私たち全員が遅かれ早かれ直面しなければならないものです。しかし、私たちはそれにどのように反応しますか?なぜ私たちの誰かが他の人よりも恐れているのですか?そしてそれは何ですか、まさに、それは私たちを恐怖にさらすのですか?私たちは、死の不安に関連する理論の概要と、それに対処するためにできることを提供します。

日当たりのよい墓地

多かれ少なかれ、私たちは皆、私たち自身の休止や、愛する人が亡くなるかもしれないという恐怖のような、すべての人が死を恐れている可能性があります。死の考えは楽しいものではなく、私たちの多くは、人生が何を提供しなければならないのか、そして私たち自身の希望と目標に焦点を合わせることを当然選択して、そのような病的な混乱を避けます。

しかし、ベンジャミン・フランクリンはかつて有名に書いているように、「死と税を除いて、この世では何も確信することはできない」と書いています。

死の恐怖は、古代ギリシア語の「死の神の名前」「タナトス」と「恐怖」を意味する「フォボス」に由来する「誇張恐怖症」と呼ばれることがあります。

特に、臨床上の文脈では「死の不安」と呼ばれる誇張恐怖症は、精神障害の診断と統計マニュアルではそれ自体の障害として記載されていません。それでも、めったに話されないことは、人々の生活や感情の健康に深刻な影響を与える可能性があるということです。

Thanatophobia:自然または外傷主義?

Thanatophobiaは、それが死の恐怖であるとは考えていないSigmund Freudによって最初に取り組まれました。フロイトは、本当に死を本当の出来事として信じることはできないと考えていたので、死に関連する恐怖は、アドレッシングされていない幼児期の外傷に由来しなければならない。

しかし、Ernst Beckerという人類学者によって少し遅れて出された理論は、死の不安とその原因に関する最新の理解を知らせるまでに終わった。ベッカーは、死の不安は、死の思考と容認できない死を考えるすべての人々に自然に来ると信じていました。

そういうわけで、彼が主張するのは、私たちが設定した目標、情熱や趣味、そして取り組む活動は、本質的には対処戦略であり、これは我々が焦点を当てているものなので、私たちの最終的な死を心配しています。

ベッカーの仕事は、人間が絶えず内戦に対処しなければならないと主張する「テロ管理理論」(TMT)を生み出した。 TMTは、個人の自己意識と、死亡率の認識によって動機づけられた個人的な目標を達成するための彼らの推進を強調する。

また、TMTによれば、自尊心は個人が死の不安を経験する度合いの鍵である。自尊感情の高い人は死の恐怖を管理する方が優れていますが、自尊感情の低い人は死に関連した状況ではより簡単に威嚇されます。

新しいアプローチの中には、TMTと「分離理論」と呼ばれる別の理論との中間的な方法があり、後の死亡率の認識によって強化された早期外傷の重要性が強調されています。

死の不安を理解し、説明するための別の最近のアプローチは、「外傷後成長理論」(PTG)である。 PTGによれば、愛する人の死や心配する健康診断を受けるなどの悲惨な出来事を経験することは、実際にはプラスの効果をもたらし、人は人生の中の小さなものをもっと高く評価したり、より多くの目標を達成することができます指向。

死としての不安

死の不安は、それが極端なレベルに達したときに病理学的なものに過ぎず、個人の通常の生活様式を乱すことになります。

男性の心配している妻によって報告されているように、死の不安の1つの説明は、このような恐怖がどのように強迫的になって制御不能になるかを強調している。

“恐怖は、特に死の(痛みや瀕死のような)ものではなく、空虚(彼は宗教ではない)、そして彼がもはやここにいないという事実である… […]これは、非合理で感情的な恐怖であるなぜ最近になって悪化しているのか分かりませんが、彼はパニックに思ってしまい、昼間に迷ってしまいました」

死を恐れる人は誰ですか?

ロバート・カステンバウム博士は、死の概念に関連する様々な心理学の理論と研究を概説し、どの人口が絶え間なく死の恐れを表明するかを概説している。 Drs。パトリシア・フラー(Patricia Furer)とジョン・ウォーカー(John Walker)は、調査結果を、

穏やかな気分の女性

  1. 多くの人は死を恐れています。ほとんどの人は死を恐れる傾向がありますが、通常は低〜中程度の不安を呈します。
  2. 女性は男性よりも死を恐れる傾向があります。さらに、新しい研究では、20代の女性と男性の両方で死の不安が浮上しているように見えるが、50代に達すると、女性はまた2度目の過食恐怖症を経験することが分かった。
  3. 若者は、高齢者としての死の不安を経験する可能性が高い。
  4. 人の教育的および社会経済的地位と死亡不安の減少との間にはいくらかの相関関係があるようである。
  5. 宗教的関与と死亡不安の減少との間には関連性は見出されていない。

専門家は、死の不安はそれ自体では起こらず、代わりに別のタイプの精神障害(例えば、全般性不安障害、パニック障害、心的外傷後ストレス障害、うつ病または強迫性障害 – 痙攣性障害)。

他の研究によると、健康不安、すなわち甲状軟骨症を呈している人々は、健康に関する過度の心配と自然に相関するため、死の不安の影響を受けることが示されています。

死の不安のCBT

現在、専門家は重度の死の不安に直面している人々に認知行動療法(CBT)を推奨する傾向があります。 CBTは議論と曝露に基づいており、うつ病や多くの異なる種類の不安や恐怖症、例えば飛行の恐怖などを治療するためによく使われます。

Drs。 FurerとWalkerは、死の不安を扱う個人の場合、6段階の「認知行動介入」を助言する。

1.恐怖への露出

墓地を訪れる男

彼らの死の不安を減らそうとする個人は、恐怖を明示するだけでなく、死について恐れているか、葬儀や墓地のような状況があるかどうかを特定することが必要です彼らの恐れを引き起こさないように避けてください。

Drs。 FurerとWalkerは、個人の特定の不安の形態に関連した要素がCBTの重要な部分であるため、「死に関連するテーマを恐れるように(生体内と想像上の両方の)露出」を提案している。

2.「安心感を求める行動を減らす」

このステップは、自分の身体を驚くように変化させて自分の身体をチェックして、悩ましい心配に対して感情的な安心感を求めているメンターや仲間に話したり、理想的な健康や感情補助に異常に依存する傾向をターゲットにしています。迷信的な行動。

これらの役に立たない行動を防ぐために、Drs。 FurerとWalkerは、「応答予防の宿題」を通して、「目標行動を延期し、頻度を徐々に減少させ、単に行動を完全に止める」ことを提案する。

3.個人的な経験をレビューする

また、愛する人の死を目の当たりにしたり、自分や他の人の生命を脅かす病気に直面したりするなど、個人の「死の経験」を見直すことも重要です。

「これらの問題のよりバランスのとれた見方への移行を支援する」と、 Furer氏とWalker氏は、「死の見通しにもっと落ち着いて対処するのに役立つかもしれない」と説明する。

4.人生を楽しむことに焦点を移す

次に、「短期的、中期的および長期的な目標」を明確に特定し、生活の中で達成したいことと、自分の経験を楽しむのに集中できるようにすること。死。

5.「健康的なライフスタイルを開発する」

セラピストは、死の不安に直面している人、または恐怖を悪化させる可能性のある他の「不健康な側面」について、一貫したストレス源を特定し、対処しなければなりません。

6.不安の再発予防

最後に、Drs。 FurerとWalkerは、CBTによる死の不安を減少させる初期の成功後でさえ、多くの人々が再発を経験することを認めている。これを防ぐために、突然の病気や感情的な危機などの死の不安を引き起こすような状況に対処するために、それぞれの人が「対処戦略を策定する」ことを支援することが重要だと言います。

死の心配と戦う

最近、葬儀業界の専門家だけでなく、死の不安に関連する問題に取り組むことに関心を持つ一般人さえも、他人が誇大妄想を扱うのを助けるためのリソースを設定しています。

モルティシャン・ケイトリン・ダウティは、例えば、「死の秩序」を創設しました。これは、死に関連した慣習を一般に知らせることに専念し、人々に「彼らの死を睨みつけて恐怖。

近年蒸気を拾った同様のイニシアチブは、世界各地の人々が死のテーマを探索する会議を組織することを可能にするプロジェクトDeath Cafeです。デスカフェの目的は、人々が(有限の)生活を最大限に活用できるようにするために、死の意識を高めることです。

しかし、死の不安に直面するためには、それが何であるか、具体的には、彼らが死を恐れることをまず理解しなければならない。ダウトティー(Doughty)にも言及されている過食恐怖症に関する古典的な論文の中には、死の恐怖の7つの理由が示されている。

若い女性がノートを取る

  1. 私はもはや何の経験もできませんでした。
  2. 私は死後の人生があるなら私に何が起こるかについては不明です。
  3. 私は死後に私の体に何が起こるかを恐れています。
  4. 私はもはや私の扶養家族を気にすることができませんでした
  5. 私の死は私の親戚や友人に悲しみを引き起こすでしょう。
  6. すべての私の計画とプロジェクトは終わりになるでしょう。
  7. 死に至る過程は痛いかもしれません。

Doughtyは、私たちが死を恐れる個人的な根拠として強く認識し、それらに対処するための実践的な措置を講じるという2つの理由を選ぶことを示唆しています。

たとえば、私たちに依存している人が、死後に金融危機に陥る可能性があることを恐れている場合は、その状況に備えるための措置を取る必要があります。

彼女の見解では、私たちの死の不安の要素を「解消」し、それらを別々に直面することができれば、私たちは落ち着きを取り戻し、恐怖に悩まされることはありません。

それに直面するか、それを回避するか?

死や死に対する恐怖は、特に医療従事者でさえ話す方法がわからないときや、それによって影響を受けるときには、しばしば難しい話題です。

社会の中で、私たちは人類の人生を人工的に保存する方法、つまり「デジタル相続人」の創造を目指すプロジェクトであるクライオニックスや「拡張された永遠」のような人生の終わりを考えることを避けるために、彼らの人間の「オリジナル」と同様のやり方で推論し、対応することができる。

私たち自身や他人の死の思考に対処する明確な方法はなく、生産的な生活を送るにはそれをしなければなりません。あなたの考えはどういうものですか?

Like this post? Please share to your friends: