大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

サイバー嫌がらせは、伝統的ないじめよりも子どもの自殺的な考えを引き起こす

サイバー嫌悪は、子どもと青年の自殺思考と伝統的ないじめよりも強く関連しているという新しい分析によると、

一部の見積もりによれば、起源国に応じて、5%から20%の子供が物理的、口頭または排除に基づくいじめの犠牲者であることが示唆されています。以前の研究でも、いじめは青年期の自殺の危険因子であることが確認されています。

自殺は世界中の青年の最も大きな死因の1つです。米国では、青年の約20%が自殺を真剣に考えており、青年の5%から8%が毎年自殺を試みています。

サイバー嫌がらせと自殺の関係は、いくつかの研究でしか探究されていないが、サイバー嫌悪が自殺念慮の危険因子 – 自殺に関する考え方 – を従来のいじめと同じように示唆している。

オランダの研究者からの新しい分析は、この証拠を、対象に関するすべての利用可能な医学文献を検討することによって試験する。この「メタアナリシス」は、いじめと自殺念慮の関係に焦点を当てた34の研究、およびいじめと自殺の試みの関係を調べる9つの研究を検討した。

研究者らは、彼らの証拠を「ピアの被害者」の研究に限定した。暴力、性的虐待、強盗などの他の種類の被害は含まれていませんでした。

彼らはまた、自己害を見るいくつかの研究を除外した。なぜなら、誰かが自殺する理由が、誰かが自殺を考えようと考える理由とは異なる可能性があるからである。

研究者は彼らの発見を通常の人口に一般化できるようにしたいと考えていたので、病院や少年収容所で青少年を見る研究も省略されました。

全体として、メタアナリシスには284,375人の参加者が含まれていました。

大規模なメタアナリシスは以前の個々の研究の結果と矛盾する

研究者らは、参加者のうち70,102人において、サイバー攻撃と自殺念慮の関連性を見出した。メタアナリシスでは、年長の子供と少年と少女との間に自殺の可能性がどれくらいあるかの違いは見当たりませんでした。

これは、女の子の犠牲者が自殺念慮のリスクが直ちに上昇することを示唆したいくつかの個別の研究と矛盾しますが、男の子は長時間のいじめを経験した場合にのみ自殺する可能性があります。

メタアナリシスの所見がいくつかの個々の研究と異なる別の領域は、サイバー攻撃と自殺念慮との関連性の程度であった。

以前の証拠によると、サイバー攻撃は伝統的ないじめと同じ自殺思考と関連していることが示されていましたが、メタアナリシスでは、サイバー嫌がらせの方が強くなっていました。

著者らはこれに理由を示唆している:

「潜在的に、サイバー攻撃の影響はより深刻である。なぜなら、インターネットを通じて広範囲の視聴者に到達することができ、資料をオンラインで保存することができるからである。

メタ分析の研究では主に自殺念慮を検討しているため、自殺を試みていない子どもたちにサイバー攻撃がどのように関連しているかを分析することはできません。

しかし、研究者は、「自殺念慮は常に自殺に先行すると考えられており、自殺企図は将来の実際の自殺の最も強力な既知のリスク要因である」と認めている。

著者らは結論する:

「このメタ分析は、被害者の犠牲者が自殺念慮や自殺企図の危険因子であることを証明するものであり、いじめの犠牲者を特定し、援助するとともに、いじめ防止と介入プログラムを作り出すべきだ」

Like this post? Please share to your friends: