大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

脱毛症を治療しますか?幹細胞は希望をもたらす

アメリカ脱毛協会によると、男性の3分の2が35歳で脱毛を経験します。しかし、女性はまた、すべての脱毛患者の40%を占める影響を受けています。自己イメージと感情的な幸福に影響を与え、その状態は治療するのが難しいものでした。しかし、2014年の研究では、ヒト毛包生成幹細胞の形での希望がもたらされます。

ペンシルベニア大学のPerelman School of Medicineの研究者は、2014年1月に成人細胞を上皮幹細胞(EpSC)に変換する方法を記述した研究結果を発表しました。

幹細胞を用いて毛包を再生することは、脱毛症と戦うための潜在的な技術であったが、今まで、これらの細胞を十分に生産することはできなかった。

チームは、彼らが人間またはマウスのいずれかでこの結果を達成した最初の人だと言います。

ペンシルベニア大学病理学・病理学・皮膚科准教授、ジョージ・シュー(Xiaowei)博士が率いる科学者達は、真皮線維芽細胞と呼ばれるヒト皮膚細胞を用いて研究を開始した。

チームはどのように細胞を生産しましたか?

研究者らは、ヒトの皮膚細胞を、3つの遺伝子を加えることによって、誘導された多能性幹細胞(iPSC)に変換した。これらのiPSCは体内のあらゆる細胞型に変化することができるため、研究者はそれらを毛包の一部に通常見られる上皮幹細胞に変換しました。

ヘアシャフト

他の研究チームのテクニックを使用してiPSCをケラチノサイト(皮膚の最上層の主細胞型)に変換する – 徐博士らはiPSCに成長因子のタイミングを制御することによって大量のEpSCを強制的に誘導することができることを示した受け取った細胞。

これらのEpSCをマウスに移植すると、細胞は細胞型のヒト皮膚および毛包を再生し、認識可能な毛幹を形成し、最終的にヒトの毛髪を再生することを約束している。

18日間で、iPSCの25%がEpSCに変換され、その後、表面に発現されたタンパク質を用いて精製された。

技術はまだ人間のために準備ができていない

マウス由来の真皮細胞とヒト由来EpSCを混合した後、チームはそれらをマウスの皮膚に移植し、皮膚の最外層である機能性ヒト表皮を作製した。

このことから生産された毛包は、人間の毛包に構造的に類似しているとチームは指摘する。

徐博士は、これが「毛嚢の上皮成分を生成することができる上皮幹細胞のスケーラブルな量を誰も作ったのは初めて」と述べ、創傷治癒、化粧品および髪再生に役立つ可能性があると付け加えた。

しかし、これらのセルは、チームが方程式の1つの部分を解決しただけなので、人間ではまだ使用する準備ができていません。毛包は、上皮細胞と真皮乳頭と呼ばれる特定の種類の成体幹細胞の両方を含む。

徐博士は次のように説明します。

「人が毛を失うと、それらは両方のタイプの細胞を失う。我々は、毛包の上皮成分である一つの大きな問題を解決した。新しい真皮乳頭細胞を作り出す方法を見つけ出す必要がある。まだ出ていない」

しかし、彼は、幹細胞研究者は化学物質だけを使って新しい戦略を使用し始めており、それによってより多くの解決策が得られる可能性があると付け加えている。

2013年後半に、ドナーの毛嚢の内部から採取した真皮乳頭細胞からヒトの毛髪を科学者がうまく生み出したことを示す研究が報告され、私たちは脱毛症の治療に一歩近づいていることが示唆されました。

Like this post? Please share to your friends: