大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

うがい薬はあなたを糖尿病の危険にさらしますか?

私たちの多くにとって、一日に2回のうがい薬の服用は、私たちの口腔衛生ルーチンの一環です。しかし、新しい研究によれば、この一見有益な習慣は、驚くべき健康リスクをもたらす可能性があります。うがい薬の使用は糖尿病のリスクを高める可能性があります。

うがい薬を使う女性

研究者は、口内洗浄剤を毎日少なくとも2回使用することで、特に、すでにその状態の危険性が高い人々のために、血糖代謝を変化させて糖尿病を促進することができる「フレンドリーな」口腔細菌を破壊することを示唆している。

研究の共同著者であるRakesh P. Patelは、アラバマ大学のフリーラジカル生物学の病理学科およびバーミンガム校で、研究成果を雑誌に掲載しています。

米国では約3,300万人が糖尿病を罹患していると推定されており、これは高血糖状態を特徴とする状態である。

米国では、さらに8,410万人の成人が前糖尿病を抱えており、血糖値は正常より高いが、糖尿病診断を保証するほど高くはない。

太り過ぎが糖尿病の最も大きなリスク要因の1つです。新しい研究によると、うがい薬を使用する簡単なプラクティスは、このリスクを悪化させる可能性があります。

糖尿病リスクは55%増加

科学者は、40〜65歳の太りすぎの肥満者または1,206人の肥満者のデータを分析することによって、興味深い発見に達しました。すべての成人はサンファン太りすぎの成人縦走研究の一部であり、研究のベースラインでは糖尿病や主要な心臓血管疾患がなかった。

研究の一環として、参加者にはうがい薬をどのくらい頻繁に使用するかが尋ねられました。合計43%の被験者が、毎日少なくとも1回はうがい薬を使用し、22%は1日2回以上それを使用したと答えた。

平均3年間のフォローアップ期間中、チームは参加者の前糖尿病または糖尿病の発症をモニターした。合計945名の被験者が最終分析に含められた。

うがい薬を使用しなかった参加者と比較して、1日2回以上の口腔洗浄剤を使用したことがある人は、3年間で前糖尿病または糖尿病を発症する可能性が55%高かった。

口腔洗浄液を1日2回未満で使用することと、前糖尿病または糖尿病のリスクとの間には関連がないことが報告されている。

これらの知見は、食生活、口腔衛生、睡眠障害、薬物使用、空腹時血糖値、収入、および教育水準を含む多くの可能性のある混乱要因を説明した後も存続した。

彼らの発見に言及して、Patelらは次のように書いています。

「市販されていないうがい薬の頻繁な定期的な使用は、この集団における前糖尿病/糖尿病の発症リスクの増加と関連していました。

口内洗浄は「良い」口腔細菌を破壊する可能性がある

多くのうがい薬には、歯肉炎、虫歯およびその他の口腔衛生状態の予防に役立つ細菌を殺す抗菌化合物(クロルヘキシジンなど)が含まれています。

Patelらは、これらの化合物が、血糖値を制御するホルモンであるインスリンを制御するのに役立つ化合物である酸化窒素の生成に重要な「良好な」細菌を口腔内で破壊するとも考えている。

したがって、この有益な細菌の破壊は、糖尿病の発症を促進する可能性があります。

米国で2億人を超える人々がうがい薬を使用していることを考えると、これらの最新の知見は懸念の原因となる可能性があります。しかし、研究は純粋に観察的であることに注意することが重要です。

Patelと同僚は、一見無害な口腔衛生製品が実際に糖尿病の危険因子であるかどうかを判断するためにはさらなる研究が必要であると述べている。

Like this post? Please share to your friends: