大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

マインドフルネスが大うつ病を予防できるか?

新しい研究では、8週間の注意深い瞑想が無症候性うつ病患者の大うつ病の予防に役立つことが明らかになった。

海に瞑想する女性

潜在的抑うつとも呼ばれる潜在的抑うつは、重度のうつ病性障害(MDD)の診断を保証するのに十分ではないまたは持続しない抑うつ症状の存在として定義される。

うつ症状には、悲しみ、絶望、罪悪感、疲労感、睡眠障害、集中困難、自殺思考が含まれます。

このような症状がほぼ毎日2週間以上現れると、MDDや大うつ病の診断が必要となります。

研究共同著者Dr. Samuel Y.S.香港中京大学のジョッキークラブ公衆衛生およびプライマリケアスクールのウォン(Wong)氏は、生涯潜伏していないうつ病の影響を受けると推定される人々は約10〜24%であり、その状態が重要であると指摘しているMDDのリスクファクター。

以前の研究は、精神療法が無症候性うつ病の有益な治療戦略であり、MDDへの進行を制限する可能性があることを示唆している。

最近発表された新しい研究では、ウォン博士らは、マインドフルネス瞑想が無症候性うつ病の人々に有益かどうかを調査した。

マインドフルネス瞑想は、私たちの周りで起こっていることに気を散らすのではなく、現在の瞬間の経験を十分に認識することに焦点を当てた心理的練習です。

“[…]うつ病患者の精神遅滞を減らすための治療法として、行動活性化の開発者はマインドフルネスのセラピスト使用を示唆し、推奨しているが、行動活性化技術をマインドフルネススキルと明示的に組み合わせた大規模な研究はない。抑うつ症状を軽減する上でのそれらの総合的な有効性を評価した。

瞑想グループの大うつ病

研究者らは、全員が無症状のうつ病を患っていた231人の成人を彼らの研究に登録した。被験者は、香港の16の外来診療所から募集された。

被験者は無作為化され、合計8週間のうち2つのグループのうちの1つに無作為化された。115人の参加者が毎週2時間のマインドフルネス瞑想セッションに参加し、残りの116人は心理的介入なしで通常のケアを受けた。

チームは、ベックうつ病目録IIスケールを用いて、研究開始時および8週間後、5ヶ月後、および12ヶ月後の被験者のうつ症状を評価した。

研究者らは、12ヶ月の時点で、マインドフルネス瞑想グループの被験者は、通常のケアを受けた被験者よりもMDDを発症する可能性が低く、マインドフルネス瞑想グループの参加者の10.8%でMDDが確認され、通常のケアグループでは26.8%でした。

さらに、マインドフルネス瞑想は、通常のケアと比較して、12ヶ月でうつ症状のわずかな減少と関連していることが明らかになった。

国立精神保健研究所によると、米国の1620万人の成人は、2016年に少なくとも1回の大うつ病のエピソードがあった。

これらの研究結果に基づいて、ウォン博士らは、マインドフルネス瞑想はMDDを予防する1つの戦略である可能性があることを示唆しています。

研究者らは、

“[…]私たちは、BAM [マインドフルネスによる行動の活性化]は、うつ病の症状を軽減し、プライマリケアのうつ状態がうつ病の人々の大うつ病を予防するための潜在的かつ有効な介入であることを示しました。

チームは、MDDを減らす方法として、心の瞑想がプライマリケアの設定にどのように統合できるかを検討する今後の研究を計画しています。

Like this post? Please share to your friends: