大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

不安が認知症につながる可能性はありますか?

最近の研究は、中年期の中程度から重度の不安を伴って生活することが、後の年に認知症につながる可能性があることを示唆しています。

不安な高齢者

新しい研究は英国のサザンプトン大学医学部のエイミー・ギンソン博士が率いる科学者チームによって行われました。

ジンソンと彼女の同僚は、ますます多くの研究が精神保健問題と晩発症型認知症(65歳前後の人々に影響する最も一般的な認知症)との関連性を強調していることを観察しました。

例えば、この新しい研究の著者らは、うつ病がアルツハイマー病のリスクをほぼ2倍に高めることが示されていると書いている。

不安はしばしばうつ病とともに起こり、不安の症状はしばしば認知症の診断を受ける年前の人々によって報告されている。

しかし、今まで、これらの関連が、不安と抑うつが、痴呆の発症前に現れる最初の症状であるかどうか、または不安とうつ病が独立した危険因子であるかどうかは不明であった。

それで、Gimsonと彼女のチームは、中年のうつ病、不安の有無にかかわらず、遅発性の認知症との関連性を調べた論文を検索して、3,500件の研究を巡って調査しました。

彼らのメタアナリシスの知見は雑誌に掲載された

不安 – 認知症の危険因子

調査された研究のうち、目的のトピックに焦点を当てたのは4つの研究のみでした。これらの研究は、血管および精神医学的状態、および人口統計的要因などの潜在的交絡因子を説明した。

研究者は、これら4つの研究が異なるように設計されているため、これらの4つの研究のプール分析を行うことはできませんでしたが、研究で使用された方法は信頼でき、結論は確かです。

さらに、4つの研究の合計サンプルサイズは、約3万人を含めて大きかった。

4つの研究すべてが、中等度から重度の不安と痴呆の発症の間に正の相関があることを発見しました:「中年の臨床的に重大な不安は、少なくとも10年の間隔で認知症のリスク増加と関連していました。

これらの知見は、痴呆症の初期症状である可能性のある不安を除いて、不安が晩発性痴呆の独立した危険因子である可能性があることを示唆しているとGimsonらは書いている。

不安と認知症との関連は、精神的健康状態によって誘発される過剰なストレス応答によって説明されるかもしれない、と著者らは指摘する。

この異常に高いストレス反応は、脳細胞の加齢過程を加速させ、年齢関連の認知低下を加速させる可能性がある。

不安を和らげることは認知症を予防するかもしれない

不安に起因するストレス反応が認知機能の低下の原因であるとすれば、これは不安を緩和することで認知症を防ぐことができるのでしょうか?

これは「未解決のままである」と著者が書いている。しかし、彼らは、非薬理学的な抗不安治療の選択肢は試す価値があることを示唆している。

この点に関して、Gimsonらは次のように結論づけています。

「中絶での不安を軽減することが知られている、話し方療法、心を込めた介入、瞑想の練習を含む非薬理学的療法は、リスクの軽減効果を有する可能性があるが、まだ完全には研究されていない」

Like this post? Please share to your friends: