大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

認知機能低下:低血糖は危険因子ですか?

血液中のナトリウム濃度が低いことは、新しい研究では他の健康な高齢男性の認知機能の低下に関連している。

血液サンプルを採取した高齢者

著者らは、低ナトリウム血症(低ナトリウム血症として医学的に知られている)を扱うことは、人々が老化するにつれて認知機能の低下を止めるのに有益であり得ることを示唆している。

低ナトリウム血症は、血中ナトリウム濃度が135ミリモル/リットル(mmol / L)を下回ったときに起こる。

研究によれば、低ナトリウム濃度は、注意欠陥、落ち込み、骨折、心臓疾患、および早期死亡のリスク増加に結びつく可能性があることが示されている。

これは運動に関連した低ナトリウム血症(EAH)につながる可能性があるので、運動時に多量の水分を飲む危険を警告する研究の結果を以前に報告している。

EAHの軽度の症状にはめまい、吐き気、ふかしが含まれますが、重症の場合は致死的である可能性があります。少なくとも14人の選手がEAHから死亡したと推定される。

重篤な低ナトリウム血症の症例は以前は神経学的および認知的な問題に関連していたが、高齢者の血中ナトリウム濃度の違いがどのように認知に影響するかを研究していない。

オーロラのコロラド大学Anschutz Medical Campusの新しい研究の著者たちが調査を開始しました。

認知低下のリスクが増加した

この新しい研究の背後にある研究者らは、65歳以上の健康な男性5,435人のデータを調査し、それぞれ平均4.6年間追跡した。

その結果、ナトリウム濃度が126-140mmol / Lの男性は、試験開始時に認知障害の症状を呈する可能性が30%高く、認知機能低下の症状を経験する可能性が37%であったナトリウムレベルは141〜142mmol / Lである。

興味深いことに、143〜153mmol / Lの高ナトリウム濃度もまた、時間の経過とともに認知低下と関連していた。

主任研究者Kristen Nowak博士は、低ナトリウム血症患者の認知機能低下を予防するためにどのような是正措置を取ることができるかをさらに調査するために、より多くの研究が必要であると述べている。

彼女は次のように付け加えています。「臨床では、血中のナトリウム濃度がわずかに低下する可能性が高い」

「血清ナトリウム値がやや低下し、認知機能の軽度の変化が年齢とともに一般的に起こるため、このトピックに関する今後の研究は重要であり、低ナトリウムレベルの矯正が認知機能に影響を及ぼすかどうかの判断も重要です。

Kristen Nowak、Ph.D.

Like this post? Please share to your friends: