大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

小児期の肥満はまだ上昇しています

この雑誌に掲載された研究は、国民の体重についての憂鬱なニュースをもたらしている。教育的な動機と公衆衛生のメッセージにもかかわらず、アメリカの小児肥満症は鈍化の兆候を示さない。

[聴診器を備えた過体重の子供]

現在、3人に1人以上のアメリカ人が肥満に分類されています。

肥満の健康への影響が人口によってよく知られているという事実にもかかわらず、凶悪犯は引き続き抑えられています。

若者のための絵はあまり良くありません。過去30年間に、小児肥満の割合は2倍になり、青年の肥満は4倍になった。

2012年現在、6〜11歳の子供のほぼ18%が肥満であった。肥満の背後にある基本的なことは把握が簡単です。カロリーが多すぎると体内に入ってしまい、十分には焼かれません。

しかし、国の食生活を変えるのは遅いです。

チャペルヒルとウェイクフォレスト大学のノースカロライナ大学で行われた最近の研究では、小児期の肥満の状態についての詳細が明らかにされています。残念ながら、それは良い絵を描いていません。

アメリカの小児肥満

「最近のいくつかの報告にもかかわらず、2歳から19歳までのいずれかの小児の米国における肥満の罹患率の低下は認められませんでした」と研究チームを率いたAsheley Skinner博士は述べています。

この発見は、肥満の尺度の下限にある子供だけに限定されず、Skinnerは次のように述べています。「これは、特に青年の間で高いままである重度の肥満症に特に当てはまります。

スキナーと彼女のチームは、米国家庭の広範囲にわたって数十年分のデータを含む進行中のプロジェクトである国民健康栄養検査調査(NHANES)のデータを精査しました。

データは、2-9歳の子供の2013-2014年の間に33.4%が太りすぎであることを示しました。そのうち17.4%が肥満と分類された。これらの数字は、2011年から2012年の期間と大きく異なるものではありません。より心配しても、全体として見ると、1999〜2014年には統計的に有意な有意な増加があります。

Skinnerは次のように述べています。「ほとんどの心が衰えるのは、重度の肥満の増加です。有病率の急上昇を示す重度の肥満カテゴリーです。

少なくとも35の肥満指数(BMI)は、クラス2の肥満として定義され、クラス3は40以上のBMIである。 2011〜2012年の期間では、2013〜2014年と比較して、クラス2の肥満は5.9%から6.3%に上昇し、クラス3は2.1%から2.4%に上昇しました。

これらの肥満の子供たちは現在健康問題に直面しており、劇的なものが行動を変えない限り、時間が経つにつれて悪化するだけです。スキナーは言う:

「推定450万人の小児および青年は重度の肥満を患っており、より健康的な方に向けるためには、新しく集中的な努力が必要になるでしょう。

研究によると、幼児期の肥満は健康状態が悪化し、成人の寿命が短くなることが繰り返し示されています。

将来の小児肥満

小児科医、デューク・ヘルス・ライフスタイル・プログラムのディレクター、サラ・アームストロング博士は研究に関与しなかったが、その発見が最前線での彼女の経験と一致することを確認している。

彼女は、人々が肥満の健康への影響を認識しており、その問題に取り組んできたことを認めているが、生涯の習慣を変えることは困難である。彼女が言います:

「この調査では、子供の周りの環境をどのように変えるかについて、私たちが本当に全国規模で統計的な動きを見せたいと考えるならば、より破壊的である必要があるかもしれないことが強調されています。

Skinner氏は、NHANESのデータには一定の制限があると述べていますが、そのデータベースは他の以前の研究よりもはるかに広範であり、その一部は肥満率の低下または停滞を報告しています。

Skinner氏は、人々を失望させるのではなく、調査結果が変化を促すことを期待しています。 「これは、食糧政策、医療へのアクセス、体育を含む学校のカリキュラム、公園や歩道のコミュニティや地元の資源など、全面的な変更を必要とする人口の健康問題です。言った。

肥満は確かに簡単に消え去る問題ではなく、問題の大きさに関してより多くの情報が得られるほど、公衆衛生当局はそれをどのように扱うかをより容易に決定することができる。

最近、子供の食事が脂肪とナトリウムではまだ高すぎることを示す研究をカバーしています。

Like this post? Please share to your friends: