大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

がん患者が20万人以上が死亡

米国の有力な保健機関である世界的に新たな癌の報告書によると、今年全世界で760万人が死亡(約2万人の癌の死亡)し、1,200万人以上が病気にかかりそうだという。

この報告書は、2007年の「世界がん事実と図」と呼ばれ、米国癌学会によって発表されています。

米国癌学会の疫学者であるAhmedin Jemal博士と共同研究者らは、国際がん研究機関(IARC)がまとめたGlobocan 2002データベースのデータを用いて、開発し、発展途上の世界。

Jemalらは、経済発展途上国では540万人の癌と299万人の癌に関連した死亡が見込まれているが、開発途上国では670万人の死亡例と470万人の死者があると推定している。

感染症の発生率は先進国(全がんの8%)より3倍も高い途上国(全がんの26%)におけるがん発症率の大きな部分を占めるようである。

また、発展途上国では、男性では、最も一般的に診断されるがんは、胃、肺、および肝臓のものであり、女性、乳癌、子宮頸癌および胃癌について最も一般的に診断された。

先進国では、男性の間で前立腺癌、肺癌、結腸直腸癌が最も一般的に診断され、女性の場合には乳癌、結腸直腸癌、および肺癌である。

発展途上国では、ヘリコバクター・ピロリ(H.ピロリ)細菌による感染が胃癌の主な原因であると考えられている。ヒトパピローマウイルス(HPV)による感染は、子宮頸癌の主要な危険因子であると考えられている。報告書によると、アフリカと東アジアの蔓延すると言われているB型肝炎やC型肝炎は、肝臓癌の主要なリンクと考えられています。

Jemalらは、予防、早期発見および治療施設の欠如が、低ガンマ生存率を有する低開発の世界のおそらく理由であると述べた。

一例として、癌を患う小児の5年生存率はヨーロッパと北アメリカでは約75%であるが、中米では48〜62%である。これはIARCの数字にも基づいています。

この報告書では、途上国でタバコ製品の使用が増加し続けると、2030年までに世界で喫煙者が20億人になると推定しています。

2000年には喫煙と関連した500万人の死者があり、そのうち1.42人はがんであったという報告書がある。

世界保健機関(WHO)によると、世界の13億人の喫煙者の80%以上が途上国に住んでいます。

中国だけで3億5000万人の喫煙者が米国の人口全体よりも多い。

全般的に、たばこは20世紀に世界で約1億人の死亡原因となり、21世紀には世界中で10億人以上の死者を出している、と報告書の著者たちは述べている。死亡者の大部分は途上国にあり、開発途上国における急速なたばこの拡散を阻止することは、世界的な健康上の最優先事項であるべきだと述べた。

開発途上国では、「たばこ喫煙、飽和脂肪やカロリー高密度食品の高消費、身体活動の低下」を特徴とする西洋の生活様式がますます採用されているため、癌の負担が増えているという。

ここをクリックして、完全な報告書を削除してください。グローバル癌の事実および図2007(米国癌学会)。

執筆者:キャサリン・パドック

Like this post? Please share to your friends: