大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

2型糖尿病:血糖管理レベルを下げる新しいガイドライン

American College of Physiciansは、2型糖尿病患者の血糖管理レベルに関する新しいガイドラインを発表しました。この勧告は現在の治療法を変えることを目指しており、医師は患者を治療する際に適度なレベルの血糖値を目指すべきである。

医師が血糖検査を受ける

最新の推定によると、米国の3,000万人近くが2型糖尿病を抱えており、これは米国人口の9%を超えています。

2型糖尿病と診断された患者は、しばしば、血糖値を制御し続けるために、糖化ヘモグロビン(HbA1c)試験として知られるものを服用することを勧められます。

この試験は過去2〜3カ月間の人の血糖値を平均し、HbA1cスコア6.5%が糖尿病であることを示しています。

6.5%以上のスコアをつけた患者は、毎日インスリンをベースにした治療を受け、自分で注射することができます。急速に作用する注射は5〜15分以内に有効であるが、3〜5時間の短い時間持続する。長時間作用型注射は、1時間または2時間後に有効であり、14時間〜24時間持続する。

しかし、いくつかの研究では、HbA1c検査は現在米国で過度に使用されている可能性があり、そのような過剰検査が低血糖症患者の過度の治療につながる可能性があることを示唆しています。

これらの薬物には、胃腸障害、過度に低い血糖値、体重増加、うっ血性心不全などの副作用があることがよくあります。

さらに、いくつかの研究者が指摘しているように、「過度の検査は、医療における無駄な問題と糖尿病管理における患者負担の増大に寄与する」と指摘した。

この文脈で、米国医師会(ACP)は、いくつかの組織の既存のガイドラインと、医師が2型糖尿病患者の治療に関するより良い情報に基づいた意思決定を支援するために利用できる証拠を調べることを決めました。

彼らのガイドラインは雑誌に掲載された

7〜8%のA1Cが推奨されます

ACPが説明しているように、既存の勧告の背後にある6.5%(または7%未満)というスコアの根拠は、血糖値を低く抑えることは、経時的に微小血管合併症のリスクを低下させることである。しかし、ACPは、そのような削減の証拠が「矛盾している」ことを発見した。

「既存のガイドラインの背後にあるエビデンスを分析すると、約8%の標的と比較して7%以下の標的への治療は死亡または大血管を減少させなかったことが判明した心臓発作や脳卒中などの合併症を引き起こしましたが、大きな害をもたらしました。

彼は、「2型糖尿病の大部分の人々にとって、A1Cを7%から8%に達成することは、低血糖、投薬負荷、および費用などの長期的利益と害とのバランスを最適にすることを示している」と続けている。

さらに、ACPは、80歳以上の患者、または認知症、がん、うっ血性心不全などの慢性疾患に罹患している患者に、HbA1cレベルを低下させる代わりに高血圧関連症状を軽減する治療を受けることを推奨している。

その理由は、このカテゴリーの患者にとって、低血糖薬の潜在的な副作用がその利点を上回るからです。

「すべてのガイドラインに含まれている研究結果は、6.5%以下のA1Cレベルでの治療によって健康成果が改善されないことを示しています。

しかし、死亡、心臓発作、脳卒中、腎不全、切断、ビジュアルなどのリスクに悪影響を及ぼすことなく、不要な薬物の害、負担、および費用を削減します障害、または痛みを伴うニューロパチーである。

「ACPのガイダンスは血糖管理のための薬物療法に焦点を当てていますが、運動や食事の変化、体重減少などの食事や生活習慣の改善が得られれば、より低い治療目標が適切です」

ジャック・エンデ博士

Like this post? Please share to your friends: