大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

一日2ドリンクは男性にとっては多すぎるかもしれません

新しい研究によると、10代後半にアルコールを飲んだ男性は、後の人生で肝疾患に罹りやすくなります。同じように心配すると、男性を対象とした現在の安全ガイドラインはあまりにもゆるいかもしれないようです。

ウイスキーガラス

スウェーデンのストックホルムのカロリンスカ大学病院に所在する肝臓病学科の消化器病センターで働く研究者は、青年期のアルコール消費が後の人生にどのように影響するかを調査するために大規模なレトロスペクティブ研究を行っている。

研究者は、このデータを分析しながら、男性のアルコール摂取と健康への悪影響との間のいくつかの心配するリンクを指摘した。

安全な飲酒に関する現在の国際的なガイドラインがあまりにも許容され、楽観的であるかもしれないという心配があります。

リードの調査官HannesHagströmは、「私たちの研究は、10代後半にどれくらい飲むと肝硬変(肝疾患の一種)の発生リスクを予測できることを示しました」と述べています。

アルコール消費は、一般に、肝臓疾患、ならびに心臓病およびある種の癌の主要な危険因子であることが知られている。

現時点では、米国では、男性の場合は1日当たり2ドリンク、女性の場合は1ドリンクを推奨しています。ドリンクには純粋なアルコールが約0.6オンス(14グラム)含まれています。

しかし、アルコールが以前に信じられていたよりも強く男性の健康に影響を与えるように見えるので、新しい研究によれば、これらの勧告は修正する必要があるかもしれません。 Hagströmはまた、「男性の安全なカットオフ」が何になるかは不明であると指摘する。

研究者の所見は、

十代の飲酒は肝臓病に結びついた

Hagströmとチームの研究は、主に成人期の10代後半の飲酒と健康のアウトカム – 特に肝疾患のリスク – との関連に焦点を当てて回顧的であった。

彼らは、1969年から1970年の間に実施された全国人口調査から得られたデータを分析し、その時点で強制されていたスウェーデンの軍隊員をすべて考慮に入れた。

この調査では、18歳から20歳までの49,000人以上の男性のデータを収集した。彼らの個人情報は、スウェーデンの全国患者登録簿および死亡原因簿に提出された記録と一致した。

これにより、研究者は2009年後半までに重度の肝疾患と診断された参加者を追跡することができました。

Hagströmとチームはまた、肥満指数(BMI)、喫煙習慣、麻薬の使用、および認知および心臓血管の健康などの関連する修飾語について結果を調整した。

思春期後期にアルコール摂取に慣れていたように見えた若者は、後に重度の肝疾患を発症するリスクが高かったことが判明した。

彼らは39年間のフォローアップ期間中、合計383人の男性が以下の条件の1つを開発したことを発見した。

  • 肝硬変は肝臓が徐々に悪化し、この器官の血液循環障害を引き起こす
  • 肝硬変の合併症として発症し、肝細胞癌、腹水(または腹腔内の過剰な体液蓄積)、食道静脈瘤、肝腎症候群(腎機能の低下)および肝性脳症重度の肝疾患に関連する脳機能)
  • 肝不全

これらの男性のうちのいくつかは、重度の肝臓疾患の結果として死亡した。

より多くの飲み物、高いリスク

研究者らによると、肝疾患を発症するリスクは、男性が消費したアルコール量に依存していた。したがって、チームの計算では、1日に2ドリンク(約20グラム)は、肝疾患のリスクが高いという結果につながった。より多くの飲み物はさらに顕著なリスクに関連していました。

また、潜在的な修正因子の結果を調整する前に、科学者らは、1日あたり約6グラムの低アルコール消費でさえも、健康に有害な結果をもたらすリスクが高いことを知った。

しかし、この研究では、男性のこれらのリスクのみを調査し、女性の健康への影響は言及していないことに留意すべきである。著者らは、その点でさらなる研究が必要であることを念頭に置いている。

それでも、著者らは、彼らの知見は男性が飲酒の習慣を改めるよう促すべきであり、いつも最善の予防方針であるため、できるだけ早くアルコール消費を減らすよう最善を尽くすべきだと指摘している。

「これらの結果が男性のアルコールの「安全な」消費のためのカットオフレベルを低下させ、男性が推奨に従うならば、将来アルコール性肝疾患の発生率が低下することがあります。

HannesHagström

Like this post? Please share to your friends: