大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

「2人に1人が生涯に癌を発症する」

米国では、1対2の女性と1対3の男性が生涯にがんを発症します。現在、英国でも同様の率が報告されており、男性と女性の1対2での新たな研究結果が公表されている。

がんの定義

Cancer Research UKの研究者によって行われたこの新しい研究の数字は、英国の3人のうち1人が生涯癌を発症すると主張していた以前の推定を上回っています。

英国ロンドンのクイーン・メアリー大学のピーター・サシエニ教授を含む研究チームは、1930年代に生まれた人々の癌率と1960年代に生まれた人々のがん率を比較した、より正確な計算手法の使用に関連すると述べた。

「これから、今日生まれた子供が、生涯のどこかで癌を発症する確率は1/2になると予測できるようになりました。

しかし、なぜこのレートはとても高いですか? Sasieni教授らは、保健医療の改善と長期的な期待に迫っており、最終的にはより多くの人々が病気と診断されることを意味しています。

「がんは主に老齢の病気で、65歳以上の患者の60%以上がすべて診断されています」とSasieni教授は指摘する。 「人々が十分に長く住むなら、ほとんどの人がある時点で癌になる」と語った。

このように、著者らは、がん診断の上昇に「対応する」ために、医療サービスがより多くの投資を必要としていると述べている。

Cancer Research UKの頭頸部外科医Emma King博士は、次のように付け加えています。

「これまで以上に多くの患者が出現しており、その数は年々増加していますが、これらの人々を治療するためのリソースは同じままです。もし、病気を打ち負かす可能性を最大限に引き出すなら、今や将来、より大きな投資とサポートが必要になるでしょう」

肺癌は、女性の癌死の主要原因として乳癌を凌駕する

この発見は、米国癌学会(ACS)の研究が、肺がんが先進国の癌死の主要な原因として乳癌を凌駕していることを明らかにしています。

肺癌の死亡率が2015年に欧州女性の乳がん死亡率を追い越すことを示唆した先週の唯一の研究では、

肺癌は先進国の男性の癌死の主要な原因です。米国では、男性は生活のある時点でその状態から死ぬ確率が1/15になります。

で公開されているこの最新の研究の研究者は、肺がんは先進国の女性の癌による死亡の主要な原因として、乳がんを突破し、今しているという事実は、この集団におけるたばこ流行の後の発症を反映していると言います。

さらに、研究者らは、肝臓癌、胃癌および子宮頸癌などの発展途上国における感染症に関連する癌症例の数が増加していることを指摘している。ますます発展途上国はより多くの西洋のライフスタイルを採用しており、これらの地域では稀な癌である結腸直腸癌などの発生を増加させています。

ACSのチーフ・メディカル・オフィサー、Otis Brawleyに、途上国のがんリスクを低下させるために何ができるか尋ねました。彼は返事をした:

「喫煙の予防と中止、食生活、肥満や運動の問題、HPVやB型肝炎やC型肝炎などの感染症予防への注意でこのリスクを減らすことができます。

選択された数の病気のスクリーニングには、結腸および子宮頸部のスクリーニングが特にあり、一部は乳房スクリーニングに重点を置いています。

この研究の著者らは、多くの主要ながん(生涯で7人のアメリカ人男性の約1人に影響を及ぼす前立腺がん)の原因に関するさらなる研究が正当であると付け加えている。

今日は世界がんの日です。今年のキャンペーン – 「未達を越えて」のキャッチフレーズの下には – がん患者の生活の質の向上、影響を受けるすべての個人のための治療を達成するだけでなく、がんのリスクを減らすために健康的なライフスタイルを奨励し、早期発見の重要性に焦点を当てています。

今年のキャンペーンの詳細については、World Cancer Dayのウェブサイトをご覧になり、癌の意識を高め、病気に罹患した人々に支援を提供することを目的とした宣言基金に寄付することができます。

Like this post? Please share to your friends: