大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

片足でバランスをとる能力は脳の健康を反映します

片足でバランスを取るために闘争?それは多くのものを揺れや風に弱める単純な行為ですが、医学の場があるかもしれません。新しい研究によると、一方の足で20秒以上バランスが取れないと、そうでなければ健康な人に脳損傷が起こる可能性があります。

1つの脚の上でアクロバットにバランシングする女性。

この研究では、バランスのとれたスキルの欠如と小血管障害のリスク増加と認知機能の低下との関連性が報告されています。

「私たちの研究は、片足でバランスを取る能力は脳の健康にとって重要な試験であることを発見しました」と、京都大学大学院医学研究科のリード研究者、田原康治は語った。

1つの脚に立つ能力は、以前は特定の健康成果の予測因子として推奨されていた。今年初めに発表された研究では、53歳の時の人の足のバランスと全死因死亡率との間に関連があることがわかりました。

小血管疾患は、動脈の柔軟性を低下させ、血液の流れを妨害することによって動脈を損傷する。この疾患の発生率は、年齢とともに増加することが多い。

脳血管疾患は、将来の症候性卒中の危険性が高いと考えられている。以前の研究では、無症候性(無症候性)の脳損傷が、運動協調および認知障害の喪失によって示されていた。

脳病変とバランス

研究者は、参加者に対し、片方の脚に立って、両眼を開いた状態で60秒間(可能であれば)立ってもらうように頼んだ。この試験は、試験分析中に使用された各参加者からの最良の記録時間を用いて2回実施された。合計841人の女性と546人の男性(平均年齢67歳)がこの研究に参加した。

その後、参加者の脳は、磁気共鳴イメージング(MRI)を用いて検査され、大血管の小血管疾患の損傷を評価した。認知障害はまた、コンピュータベースのアンケートを使用して、研究者によって測定された。

大脳小血管疾患は、片足で20秒以上バランスが取れないことと関連していました。特に、研究者らは、無症状の梗塞や微小疱疹のような、組織死をもたらす組織への血液供給の妨げとなる、準臨床下の梗塞との関連性を指摘した。

次の参加者の数は、1つの脚でバランスがとれていませんでした。

  • 2つ以上のラクナ梗塞病変を有する参加者の34.5%
  • 1つのラクナ梗塞病変を有する参加者の16%
  • 2つ以上の微小斑の病変を有する参加者の30%
  • 1つの微小紋病変を有する参加者の15.3%。

一方の脚を特に長く置くことができないこともまた、認知機能スコアの低下と独立して関連していた。

脳小血管疾患を有することが判明した参加者は平均して、脳の損傷なしに、参加者よりも高血圧および肥大した頸動脈で高齢であった。研究者がこれらの要因についての所見を調整すると、より臨床的でない梗塞を有する参加者は、片方の脚に立つ時間がより短いことが分かった。

潜在的に「脳の異常の存在の結果」

研究者は、以前の研究では、姿勢の不安定性と脳内の変化との関係を支持する証拠が一貫して発見されていると書いているが、この接続をラクナ梗塞またはマイクロブローズに拡張した例はほとんどない。

この研究の大きな制限は、研究者が参加者の歩行の異常を含む落ち着きや潜在的な体力の問題の履歴を評価しなかったことである。

著者らは、これらの知見を検証し、姿勢の不安定性の重要性を完全に評価するためには、さらに長期的な研究が必要であると述べている。

「片足の立っている時間は、姿勢の不安定さの単純な指標であり、脳の異常の存在の結果かもしれません。 「一方の脚のバランスが悪い人は、注意力を増す必要があります。これは、脳の病気や認知機能低下のリスクが高まる可能性があるからです。

今月初旬、血液中の酸素濃度が低い人々が無症状の梗塞を発症する可能性が高いという調査結果が報告された。

Like this post? Please share to your friends: