大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

オナニーが脱毛の原因になりますか?

オナニーを取り巻く多くの神話がありますが、オナニーがあなたの髪の毛を脱落させるという理論には何か真実はありますか?

人々はしばしばマスターベーションを議論することが困難であることを知り、なぜこの話題が多くの神話を引き付けるのかを説明するかもしれない。

このオナニーが脱毛の原因となるこの神話は、タンパク質の損失やテストステロンの変化についての理論から来るかもしれません。

しかし、これらの神話は水をまくることはめったになく、多くの人にとってマスターベーションは日常生活の一部です。男性2,000人以上の調査では、男性と女性の80%がマスターベーションを報告しています。

この記事では、オナニーが脱毛を引き起こすかもしれないと人々が考えている理由を詳しく見ていきます。私たちはまた、他のオナニーの神話や事実を調べ、脱毛の本当の原因を見ます。

オナニーは脱毛の原因ですか?

自慰行為が脱毛を起こすか疑問に思っている人は、浴室の鏡で髪を見ている。

言い換えれば、いいえ – マスターベーションが脱毛を引き起こすという科学的証拠はない。

この神話は、精液に高レベルのタンパク質が含まれているという考えから来るかもしれません。そのため、各射精で体は髪の成長に使用できるタンパク質を失っています。

精液はタンパク質が高く、精液100ミリリットル(mL)あたり約5.04グラム(g)のタンパク質が含まれていますが、各射精にはわずか3.3〜3.7mLの精液しか含まれていません。

もう一つの理論は、マスターベーションがテストステロンを増加させ、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる脱毛に関連するホルモンのレベルを増加させるということです。

しかし、2001年の研究によると、成人男性は3週間の自慰行為を控えてから実際にテストステロン値が上昇していた。これは、人が射精を避ける場合、テストステロンレベルが実際に上昇する可能性があることを意味します。

いずれの場合でも、マスターベーションがDHTレベルを上昇させることを示唆する証拠はない。

他のオナニーの神話を破る

多くの神話は自慰行為について存在しますが、現代科学は特定の身体疾患の原因としてそれを証明していません。

脱毛と並んで、マスターベーションは次のような証拠はありません:

  • 手のひらの上で髪を成長させる
  • 失明につながる
  • 性器に永久的なダメージを与える
  • 男性のインポテンスと女性の不妊症を引き起こす

多くの人がマスターベーションを話すのが難しいと感じています。つまり、マスターベーションに関する神話は非常に永続的になります。

オナニーのメリット

ベッドで笑う女性

マスターベーションには次のような多くのメリットがあります。

体を理解する

自慰行為は、人が体によく慣れて快適になり、性的感覚を理解するのを助け、喜びを与えるのを助けるかもしれません。

研究では、生涯の早期にマスターベーションする女性は、成人と健康的な自画像としてポジティブな性的体験を持つ可能性が高いと報告されています。

健康

オルガスムは、単独で、またはパートナーと一緒に達成されても、男性と女性の性器の循環系、神経系、および筋肉系をサポートし強化します。

男性のために、オルガスムは精液と精液を健康に保つのに役立つかもしれません。 2016年に発表された研究では、頻繁な射精が男性の前立腺癌発症リスクを低下させる可能性があると報告しています。

応力緩和

多くの人がストレスを和らげたり、睡眠を助けるためにオナニーを使います。妊娠や性感染症(STI)につながることはないため、性的喜びを経験するリスクのない方法と考えられます。

自慰行為のリスク

多くの人が話すのが難しいと感じていますが、オナニーに関連するリスクはほとんどありません。それが始まると問題になるかもしれません:

  • 学校、仕事、または個人の生活の他の側面を妨害する
  • 関係に問題を引き起こす
  • 過度の罪悪感を引き起こす
  • 腫れや性的感受性が低下する

人がマスターベーションが問題になってしまうことを心配している場合は、医師または性療法士が最良の行動措置についてアドバイスすることができます。

どのような脱毛の原因ですか?

ノートパソコン、メモ帳、タブレットで机の上に患者と医者の手を閉じます。

脱毛の実際の原因は、最も頻繁に遺伝とホルモンの組み合わせではなく、マスターベーションです。

脱毛の一般的な原因は次のとおりです。

男性型の脱毛症

アンドロゲン性脱毛症または脱毛症は遺伝的障害であり、脱毛の最も一般的な原因である。

アンドロゲン性脱毛症を有する個体は、DHTに対して遺伝的感受性を有する。 DHTに暴露されると、毛包は収縮し、強くて健康な髪を作りません。

米国脱毛機構によると、男性型脱毛症(MPB)は男性の脱毛の95%以上を引き起こし、50歳になると男性の85%に影響する可能性があります。

女性は男性よりもテストステロンのレベルが低いが、男性ホルモン性脱毛症もまた女性に影響を与える可能性がある。英国皮膚科医師協会によると、65歳以上の女性の約50%が男性ホルモン性脱毛症を経験する。

円形脱毛症

このような脱毛症は、典型的には頭の上または他の場所に白っぽい斑点を生じる。毛のない領域が含まれたままであり、毛が再成長したり、脱毛が全頭皮、顔面領域、および体を含むように広がることがある。

脱毛症は自己免疫状態であると考えられている。それは男性、女性、または子供に影響を与える可能性があります。

この状態は、約2%の人々に影響します。この状態の人々の約30%は、脱毛が繰り返されるか、恒久化することができます。

化学療法

化学療法は典型的には癌細胞に焦点を当てていますが、化学療法薬の癌と戦う化合物の中には、人の髪の毛の90%を脱落させるものがあります。この脱毛は一時的なものであり、治療後に髪を再成長させるべきである。

重大な身体ストレス

出産、重度の感染、栄養失調など、体に重大なストレスが加わると、髪の毛が大幅に失われる可能性があります。

この形態の脱毛は、通常、それ自体で解決されますが、永続的でもあります。

牽引脱毛症

このような脱毛症は、毛髪を長時間強く引っ張って毛包を損傷させた場合に発生します。

牽引脱毛症は、人がコーンローズ、エクステンション、タイトな編み紐、またはポニーテールを長時間身につけたときに発生します。

初期段階では、この脱毛は一時的です。しかし、何ヶ月か何年も同じ髪型を着用し続けると、脱毛は永久になる可能性があります。

避妊薬や特定の抗うつ薬を含むいくつかの薬は、副作用として脱毛を引き起こす可能性があります。

取り除く

オナニーは、人の健康に影響を与えたり、脱毛につながることのない一般的な活動です。

自慰行為に関連する利点や問題について話したい人は、医師またはセックスセラピストと話すべきです。同様に、脱毛を心配している人は、それを医療専門家と話し合うべきです。

Like this post? Please share to your friends: