大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

便秘の治療にカロシロップを使用できますか?

便秘は、誰かが自分の腸を空にするのが非常に難しい場合に起こります。結果として得られる便は、直腸を通って移動する間に十分に潤滑されないので、通過するのが困難な場合がある。

便秘は、一般の人口の30%以上に一度に影響を与えます。このような広範な障害のために、迅速かつ効果的な解決の必要性は常に高い。

便秘を理解することは、それを治療する鍵を握っているかもしれません。子供の便秘治療剤としてKaroシロップを使用するのは、一部の人にとっては一般的な習慣ですが、安全ですか?

子供の便秘の症状

若い、男の子、見る、トイレ、悩む

子供の便秘の兆候と症状は、成人の症状によく似ています。便秘の兆候と症状には以下のものがあります:

  • 1週間に3回未満の排便
  • 合格困難な硬いスツール
  • トイレを塞ぐ大口径の便
  • 胃の痛み、特に排便中
  • 硬いスツールの表面の血液

親は子供の下着やおむつに液体や粘土のような糞の痕跡があることがあります。この徴候は、便が直腸内にバックアップされていることを示唆しています。

子供はまた、痛みを伴う腸の動きを恐れてしまう傾向があります。この場合、彼らはそれらを完全に避けようとするかもしれません。足を横切ったり、奇妙で苦しい表現をしたり、臀部を締め付けている子供は、便を握ろうとしているかもしれません。

幼児の排便習慣はどのようにすべきですか?

乳児の排便習慣は大きく異なる可能性があります。幼児が1日に1回、そして食事のたびに腸を空にするのは正常です。また、幼児が排便を一回もしなくても何日もかかることは普通です。

子供がまだ食事をして体重を増やしている限り、一般的に心配はありません。しかし、硬くて固いおっぱいは、乳児が便秘している可能性があり、治療が必要な場合があります。

カロシロップとは何ですか?

カロシロップは商業的なコーンシロップの商品名です。これはトウモロコシの澱粉に由来する。レシピにKaroシロップを使用する主な目的は、砂糖の結晶化を防ぎながら食べ物をしっとらせることです。

Karoシロップはいくつかの種類があります。この記事で議論されている主なものは、明るいまたは暗いコーンシロップではなく、通常のコーンシロップです。

大人の便秘のカロシロップ

便秘を治療するためにコーンシロップを使用することは、古い家庭の治療法です。これは、コーンシロップが腸内で何をするかによって機能します。

コーンシロップ中の特定の糖タンパク質は、水に固定され、結腸内の可溶性繊維と同様に作用する。これにより、便は乾燥して圧縮されません。シロップは便が結腸から抜ける時間を短縮するのに役立ちます。

この効果は伝統的にダークコーンシロップで達成されました。今日の暗いコーンシロップは、世紀のターンではコーンシロップとは構造的に異なります。結果として、それは便秘の治療に有効ではないかもしれない。

遺伝子組み換え食品を避けようとする人々は、Karoシロップを便秘治療に使用しないでください。 Karoシロップは遺伝子組み換えトウモロコシから作られています。

推奨される治療法と幼児の予防

便秘を予防または治療するために幼児Karoシロップの摂取を推奨する医療従事者もいます。

コーンシロップ、コーンフラスコ、トウモロコシの一片の隣に

多くの他の製品と同様に、コーンシロップは無菌ではありません。その結果、有害なレベルの細菌が含まれている可能性があります。これらの細菌は、ボツリヌス病と呼ばれる稀で時には致命的な病気を引き起こす可能性があります。

Karoシロップはまた、高齢の乳児に発生する腔のリスクを高めることがあります。そのため、Karoシロップは小児での使用には推奨されていません。

幸運なことに、乳児の便秘の予防と治療は、しばしば食事の変更と同じくらい簡単です。赤ちゃんの食事に新鮮な果物や繊維が豊富な食品を加えると、便を柔らかくするのに十分な場合があります。

1つの簡単な治療法は、約4ヶ月まで毎月1オンスのリンゴまたはナシのジュースを毎日授乳することです。健康な体液の摂取量を増やし、牛乳を避けることは、高齢の乳児にとっても有効です。

便秘を予防する方法は、排便をする衝動があるとすぐに行くことです。介護者は、子供がトイレに行って持ち込まないように促すべきです。

グリセリン坐剤は便秘を和らげるために使用されることがあります。介護者は、幼児の便秘治療に関する助言については、常に子供の医療機関に連絡する必要があります。

便秘の原因

便秘にはいくつか原因がありますが、それらは1つの中心的な原因の周りを回っています。便秘は、通常、コロンが過剰な水を吸収する結果である。

これは、コロンの筋肉がゆっくりと働きすぎて消化された食べ物を適切に処理できないことが原因です。これにより、食べ物が結腸に長く留まり、必要以上に多くの水分が取り除かれます。

液体摂取と便秘

いくつかの場合、便秘は十分な水を飲まないと効果があります。コロンが廃棄物から水を引き出すため、十分な水を飲まないと乾燥した痛みを伴う便が生じる可能性があります。人々はしばしばこのタイプの便と便秘を関連づけます。

便秘は、特定の液体を飲むことによっても引き起こされる可能性があります。アルコールは消化器系に乾燥効果があり、より頻繁に尿を流すことができます。その効果は、水が体内を離れるより多くの水がそれに入り込むことであり、それが起こると便が乾くことがあります。

あまりにも多くの牛乳を飲んだり、乳製品を摂取した結果、便秘を経験する人もいます。

食事摂取量と便秘

ナッツ、フルーツ、パンなどの高繊維食品の選択

異なる食べ物は消化器系で異なって行動します。適切な食品の組み合わせを食べることによって消化器系をサポートすることによって、一部の人々は便秘が始まる前の予防に役立ちます。

乳製品、肉、卵、魚類で高すぎる食事は、繊維が少なすぎて便秘につながる可能性があります。定期的に食物繊維をよく食べる人は、便秘になる可能性はかなり低いです。

体には、可溶性繊維と不溶性繊維という2種類の繊維が必要です。可溶性繊維は水に溶解し、不溶性繊維は溶解しない。

可溶性繊維の良い例は、リンゴの繊維です。この繊維が消化されると、それは細菌によって分解され、ゲル状物質を生成する。これは直腸外への便の潤滑に役立ちます。

不溶性繊維の良い例はケールのような暗緑色の繊維である。この繊維は、消化後は比較的変化しないままであるが、便の密度が低く、直腸からの移動が容易である。

繊維は便秘予防には適していますが、すでに発生している便秘の症状を予防することはできません。したがって、それは治療の選択肢として見ることはできません。

他の原因と便秘の危険因子

便秘は他の多くの要因の影響を受けることがあります。身体の定期的な廃棄物の除去には、次のような影響があります。

  • 運動不足
  • 特定の薬
  • ストレスレベル
  • 旅行

特定の疾患や大腸腫瘍などの重大なリスク要因もあります。彼らまたはその子供が持続性の、おそらくは長期の便秘を経験している場合、人々が医師に診察することは重要です。

Like this post? Please share to your friends: