大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

膣がきつすぎることはありますか?

時々、女性は膣が通常よりも緊密に感じられることに気付くかもしれません。これは、妊娠や出産などの老化や自然現象の結果として女性の生活の過程で膣が変化するためです。

時々、これらの変化は、膣に通常よりもきつく感じさせます。その結果、特に性的浸透の際に不快感や痛みを感じる女性の場合、膣がきつすぎると感じることがあります。この信念は間違っています。

膣の緊張感に関する迅速な事実:

  • 性的浸透の間の膣の窮屈感は、女性が完全に興奮していないことが原因である可能性があります。
  • 女性の膣は、彼女の人生を通して多くの変化を経験する。
  • 月経中にホルモンが変化すると、膣の圧迫感を感じることがあります。

膣がきつすぎることはありますか?

彼女の股の上に彼女の手を持っている女性

女性の膣は、セックスをするにはあまりにもタイトではありません。痛みや不快感は他の問題の症状です。非縫合状態では、膣の長さは3〜4インチであり、快適な性交のために十分な潤滑を生成しないことがある。

しかし、覚醒すると、膣は幅および長さが広がり、潤滑が解除されます。女性は、痛み、不快感、または浸透前に覚醒を得て、必要に応じて潤滑剤を使用することによって、よりタイトになる気分に対処することができます。

不快感の他の一般的な原因のいくつかは次のとおりです。

  • 病気
  • 先天性症状
  • 損傷
  • ホルモン変動
  • 応力

上記のいずれかに起因する膣の圧迫感は、医療専門家の助けを借りて治療または管理することができます。

どのように膣がその緊張感を変えることができますか?

彼女の赤ちゃんを持つ若い母

膣は女性の生涯に多くの変化を経験する。以下の症状は膣に直接影響を与えます:

  • ホルモン関連の変化
  • 妊娠
  • 出産と授乳
  • 応力
  • セックス

ホルモン関連の変化

女性の膣は、生涯を通じてホルモンの変動によって自然に変化します。これらの変化には、毎月の月経周期と、閉経に至るまでのその期間の喪失が含まれます。

女性が妊娠している年になると、彼女のホルモンはサイクルのさまざまな時点で変動します。エストロゲンとプロゲステロンのホルモンレベルは低いです。

サイクルが進行するにつれて、彼女は排卵に近づき、ホルモンレベルが上昇します。エストロゲンとプロゲステロンのレベルが上昇すると、この間に膣の潤滑性と弾力性が増します。排卵後、ホルモンが再び降下し、膣の柔軟性が低下し、より乾燥し、圧迫感が得られます。

閉経期には、エストロゲンレベルが低下し、膣組織が細くなります。これらの変化は、女性の膣が彼女に感じる方法に影響を与え、膣が窮屈すぎると信じるように導く。

妊娠

妊娠は女性の膣に多くの変化をもたらす可能性があります。膣は、赤ちゃんの誕生の準備と、膣に余分な圧力をかける拡大した子宮の結果として変化する。

妊娠中の女性の膣内の変化には、以下が含まれる:

  • 色の変化
  • 満腹感や圧迫感
  • 増加した排出および潤滑

妊娠中の膣充満感や圧迫感は、膣が正常よりも丈夫であるように感じさせます。しかし、妊娠による膣潤滑の増加は、女性の膣が通常よりも弾力を感じさせる原因にもなります。

女性の膣は、妊娠後の自然な弾力を取り戻します。

出産と授乳

出産中は、膣が膨張します。つまり、赤ちゃんの配達に対応するように成長し、拡張します。出生後のいつか、膣は通常の大きさに収縮します。

女性が膣の誕生後に膣への変化を経験することは非常に一般的です。女性の中には、膣への裂傷や切開による傷害を経験する者もいる。これらの怪我が治癒する間、膣は以前よりもより緊密またはより柔らかく感じるかもしれません。

また、授乳中の女性はホルモンの変化により膣の乾燥を経験することがあります。この乾燥は、性交中に膣の圧迫感を引き起こす可能性があります。

セックス

女性が覚醒すると、彼女の膣は膨張して自然の潤滑剤を放出し、放出する。これらのすべての変化は、女性の膣が浸透の準備に役立つ。

十分に覚醒していない場合、膣は膨張しないか、十分に潤滑されないことがあり、不快感、痛み、および一般的な窮屈感を引き起こす可能性がある。女性の中には、パートナーとの長期的な積み重ねや前戯を通じて覚醒するものもあります。その他の女性は、性交渉前に入浴するなど、リラクゼーションの儀式を練習しています。

しかし、研究によって、ほとんどすべての女性が追加の潤滑の恩恵を受けることが示されています。セックスを楽しくするのに役立つさまざまな潤滑剤があります。他のオイルがコンドームを破壊する可能性があるため、コンドームを使用する場合は水溶性の潤滑剤を選択してください。

膣はあまりにもゆるいでしょうか?

ファンを抱えて熱くなっている女性

いくつかの女性は、子供の膣出産後、彼らの膣は出生前の緊張に戻ることはないと恐れている。膣は妊娠中および出産中に若干変化しますが、妊娠前と同じような大きさと形状に多かれ少なかれ戻ります。

赤ちゃんを持つと、女性は骨盤底を強くしたいことがあります。この増加した強さは、女性が尿漏れを防止し、性行為中の快適性を改善するのに役立ち得るが、膣自体の形状または弾性を変化させない。

ケーゲル練習をする方法

骨盤底の最も一般的な運動は、ケーゲル運動と呼ばれています。ケーゲルを行うには、尿中流の流れを止めることができる同じ筋肉を締めます。筋肉を一定の時間保持してから離してから、繰り返してください。

女性はケーゲル練習を一日中行うべきです。これを毎日行うことは、女性が骨盤底筋力を改善または維持するのに役立ちます。

閉経は膣の緩みに影響を及ぼしますか?

閉経中の女性は、閉経中に膣組織が薄くなって膣のゆるみが心配されることもあります。この変化は、女性が弾力性と緊張感を失っているという感覚を生じさせる可能性があります。しかし、膣組織は閉経期に変化するが、膣は緩んでいない。

取り除く

一時的な弾力や腫脹の喪失を引き起こす場合がありますが、膣は正常なレベルの緊張を回復して回復します。多くの女性は、性交前の覚醒の不足または出産、授乳、および閉経によるホルモンの変化により、膣の圧迫感を経験する。

膣の圧迫感の永続的な消失もまた神話です。性器と出産の間に膣が拡張しますが、常に自然状態のポスト活動に戻ります。女性が出産すると、膣が回復して正常な弾力を回復するのに時間がかかることがあります。

彼女が感染の症状を経験したり、膣の感じ方が突然変化した場合、女性が医者に診てもらうことが不可欠です。

Like this post? Please share to your friends: