大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

心臓病、脳卒中のリスクが低い授乳中の母親

母乳授乳の恩恵を受けるのは乳児だけではありません。新しい研究では、その実践が母親の心臓病および脳卒中のリスクを低下させる可能性があることが分かった。

彼女の赤ちゃんを母乳で育てる母

さらに、研究者らは、6ヶ月の母乳授乳を行うたびに、母親の心臓病および脳卒中リスクがさらに低下することを発見しました。

英国のオックスフォード大学のSanne Peters博士の研究共同執筆者であり、同僚たちは最近、

心臓病は米国の男性と女性の死因の第一線である。疾病管理予防センター(CDC)は、毎年61万人が心臓病で死亡し、死亡4人に1人が死亡すると報告しています。

脳卒中はアメリカの障害の主要原因の1つです。毎年、米国の795,000人以上が脳卒中を起こしています。これらのうち、約61万人が初めての脳卒中である。

以前の研究では、母乳育児の女性は、血圧、コレステロール、および体重減少の短期的な低下を経験する可能性があり、心臓血管の健康に有益であることが示されています。

しかし、Peters博士らは、母乳栄養が母親の心臓血管の健康に与える長期的な影響は依然として不明であることに留意している。

授乳および心臓血管の健康

この関連性をよりよく理解するために、研究者らは、China Kadoorie Biobank研究の一部であった289,573人の中国人女性のデータを分析した。研究ベースラインではすべての女性に心血管疾患はなく、ほとんどすべてに子供がいました。

研究の一環として、女性は母乳育児の有無、授乳期間など、再生歴に関する情報を提供する必要がありました。

研究者らは、8年間にわたるフォローアップを受けている女性の心臓病および脳卒中の発生率も調べた。

チームは、母乳育児を受けていない女性に比べて、母乳育児を受けていた女性が心臓病リスクが9%低く、脳卒中リスクが8%低いことを発見しました。

この研究では、母乳育児期間の結果を見ると、2歳以上の子供の母乳育児を受けた女性の心臓病発症率は18%、脳卒中発症率は17%授乳中の母親。

さらに6ヶ月間の授乳のたびに、心臓病および脳卒中のリスクはそれぞれ4%および3%低下した。

喫煙、糖尿病、高血圧などの豊富な心血管疾患のリスク要因を考慮した結果、結果は変わっていません。

代謝 ‘リセット’は結果を説明するかもしれない

研究者たちは、結果の正確なメカニズムを正確に突き止めることはできないが、母乳育児の母親の心臓病や脳卒中のリスクが低いことは、妊娠後の代謝に影響を与える可能性があると推測している。

「妊娠は、赤ちゃんが生まれてから乳児の成長と授乳に必要なエネルギーを提供するために脂肪を貯蔵するので、女性の代謝を劇的に変化させます。

さらに、母乳授乳中の母親は、非母乳授乳中の母親と比較して、心血管の健康を助ける健康行動を採用する可能性が高いと指摘している。

この研究は観察的であり、因果関係を証明することはできないが、その結果は、特に長期間、母乳授乳の利点のさらなる証拠を提供すると考えている。

「この発見は、母親だけでなく子供のためにも、より広範な授乳を促すはずです」

上級著者Zhengming Chen、オックスフォード大学

授乳後の授乳が慢性疼痛をどのように軽減できるかを学びます。

Like this post? Please share to your friends: