大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

外傷性脳傷害患者のための生命維持の撤回、注意が必要です

CMAJ(Canadian Medical Association Journal)の新たな調査によれば、重度の外傷性脳傷害後の死亡は、人生の終わりに人命救済の回収率が非常に変動することと関連している。生命維持が撤回される率は病院によって大きく異なります。著者らは、支援を取り下げるという決定を下す際には、注意を払う必要があると述べている。

外傷性脳損傷は、45歳未満の患者の死亡および障害の主な原因である。ほとんどの場合、これらの患者は医療に関する決定を下すことができないため、生命維持を撤回する決定が下されると、医師および家族は、通常予後不良、医師の経験、患者の希望および/または宗教的見解。しかし、これらの患者の障害や長期予後を正確に予測するのに十分なツールは存在しません。

重度の外傷性脳傷害を有する個体における生命維持の撤退後の死亡率は、ケベック州、オンタリオ州およびアルバータ州の6つの外傷センターにおけるカナダの調査官の多施設共同チームによって検査された。 16歳以上の720人の患者を分析したところ、77人が男性であった。傷害の主な原因は自動車事故(57%)、落下(31%)、暴行(8%)であった。

死亡者数は大幅に変化した。死亡率が11%から44%に変化したにもかかわらず、720人の患者のうち32%(228人)が病院で死亡した。死亡の70%(64%から76%に及ぶ)は、人生支援を取りやめることと関連しており、これらの死亡の約半分は3日以内に発生した。

ケベック州ラヴァル大学のアレクシス・トルジェン博士は次のように書いています。

重度の外傷性脳傷害が生命維持療法の撤退後に発生し、生命維持療法の離脱率がレベル1の外傷センター全体で著しく変化した後で、ほとんどの死亡が見られました。

また、リスク調整後も病院全体の死亡率にかなりのばらつきが見られました。これは、センター間の死亡率の差が、医師の長期予後に対する認識の変化と、生命維持療法の中止を推奨するための医師の実践パターンの一部に起因する可能性があるという懸念を提起する。

正確な診断ツールが利用できるようになるまでは、重度の外傷性脳損傷を有する患者の予後予測にも、生命維持の撤回を推奨するためにも注意を払う必要があります。
追加レポートでは、ニュージャージー州立医科大学の外科部門であるデビッド・リビングストン博士とアン・モセンタル博士は次のように書いています。

医師の診療と医療センターの文化が同様に強力な役割を果たすかもしれないという文脈の変化に、Turgeonらの論文が追加されました」と述べています。
重篤な外傷性脳傷害の予後の不確実性を医師がどのようにコントロールしているか、そしてこの不確実性を家族や患者に伝える方法の違いが、外傷センター間の治療における大きな矛盾のもう一つの理由であるとLivingston博士とMosenthal博士。

Grace Rattueによって書かれた

Like this post? Please share to your friends: