大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

あなたはムンプスについて知っておくべきこと

流行性耳下腺炎は、ウイルスによって引き起こされる伝染病です。これは、典型的には、耳下腺または唾液腺の痛みを伴う腫脹につながる。これは、ふくらはぎの頬と柔らかい、腫れた顎につながります。

アウトブレイクは米国で一般的ではありません(米国)。ケースの数は年ごとに異なります。 2012年には229例の流行性耳下腺炎が報告され、2016年には5,748例が疾病管理予防センター(CDC)によると報告されています。

2017年1月1日から3月25日まで、42州で1,965例が報告された。

流行性耳下腺炎ワクチンが導入されて以来、症例数は99%減少しました。感染のリスクが最も高いのは、予防接種を受けていない幼児です。

流行性耳下腺炎は、どの季節でも起こり得る

一度じこを患った後、その人は通常免責され、彼らは再びそれを取得しません。

症状

[流行性耳下腺炎は唾液腺に影響する]

流行性耳下腺炎の症状は、通常、最初の感染から16〜18日後に発症し始めますが、これは12〜25日の範囲です。これはインキュベーション期間として知られています。

症状としては、

  • 頬、首または顎の痛みを伴う腫れた腺
  • 頭痛
  • 筋肉痛
  • 疲れ
  • 食欲減少
  • 嚥下時の痛み
  • 乾燥口

米国疾病対策予防センター(CDC)によると、通常7〜10日後に症状が消え始める。

ほとんどの人は症状を経験しますが、15〜20%の人々は感染の臨床的証拠を示さない。それは知らないうちに小便を持つことが可能です。

人の50%までは、症状は小便症に特有ではなく、症状は呼吸器感染に似ています。

送信

流行性耳下腺炎ウイルスは、例えば、学校や保育園など、人々が混雑しているところで広がる可能性が最も高いです。

それは、唾液や呼吸器分泌物と直接接触することにより、浮遊液滴を介して広がる。誰かが咳をしているアイテムに触れることで伝えることができます。

人が服用時間が長くなり、患者との接触が増えると、おたいを吸う機会が増えます。

流行性耳下腺炎と診断された人は、仕事や学校から帰宅し、腫脹が始まる5日後まで他人との密接な接触を避けるべきです。

診断

流行性耳下腺炎を診断するために、医師は症状を調べ、特に症状が不明な場合には検査室検査を指示することがあります。

処理

治癒はありませんが、患者は安静にして体液、特に水をたくさん飲むべきです。

痛みや発熱の症状を軽減するために、イブプロフェンのような市販の抗炎症剤を推奨することがあります。

流行性耳下腺炎のためのホームの治療法には、

  • 痛みややさしさを和らげるための温かいまたは冷たい圧縮
  • スープ、盛り合わせ野菜、またはオートミールのような噛む必要のない食べ物
  • 柑橘類などの酸っぱい食品は唾液産生を刺激するので避けてください

患者が華氏103度または摂氏39度以上の発熱、混乱または方向転換、腹部または睾丸の痛み、または食べたり飲んだりすることが困難な場合は、医師の診察を受けるべきです。

合併症

一部の人々は小便かぶれに合併症を経験することがあります。

これらには、

  • orchitis、または睾丸の炎症
  • 脳炎、または脳の炎症
  • 髄膜炎、または脳および脊髄を覆う組織の炎症
  • 卵巣炎、または卵巣の炎症
  • 乳房炎、または乳房組織の炎症
  • 聴覚の喪失

非常にまれに、それは致命的なことがあります。

妊娠中に流行性耳下腺炎が発生すると、胎児に影響を与える可能性は低いです。しかし、研究はこれを確認していない。

防止

[かゆみワクチン]

麻疹、流行性耳下腺炎、および風疹(MMR)ワクチンは、この疾患を予防するのに役立ちます。

流行性耳下腺炎ワクチンが導入される前に、毎年少なくとも186,000件の症例があったが、ワクチンは症例の数を劇的に減少させた。

ワクチンはすべての小虫症を予防するわけではありません。 MMRの2回の投与は88%の有効性を示し、1回の投与は78%の有効性を示す。アウトブレイクは多くの人々がワクチン接種されている地域で発生する可能性がありますが、予防接種はアウトブレイクの規模と期間を制限するのに役立ちます。

流行性耳下腺炎は世界中の多くの地域で依然として一般的であるため、旅行前に予防接種を受けるべきです。

CDCは、MMRの2回の投与を推奨しています。これは、12ヶ月以上経過したすべての児童、およびまだ免疫されていない成人とティーンエイジャーのために少なくとも28日間隔てられています。

1957年以降に生まれ、流行性耳下腺炎を経験したことがなく、かつ予防接種を受けたことのない人は、小児喘息のリスクがあります。

Like this post? Please share to your friends: