大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

骨セメント注射(椎骨形成術)は、安全で効果的であり、急性骨粗鬆症脊椎圧迫骨折患者に許容可能なコストである

骨セメントの注入(椎体形成術)は、急性骨粗しょう症性脊柱圧迫骨折の患者にとって、安全で、効果的で、許容可能なコストである。脊椎形成術はまた、定期的な保存的治療よりも大きな痛みを軽減する。この研究は、脊椎形成術が疼痛緩和を増加させないことを示す以前の所見と矛盾する。この記事は、The LancetのOnline Firstに掲載されており、Caroline A H Klazen博士とオランダのTilburg、St Elisabeth Ziekenhuis博士とPaul N M Lohle博士らによって書かれています。

以前の偽の対照介入を伴う2件のランダム化研究では、脊椎形成術と偽治療が同等に有効であることが示された。しかし、この新しい研究の著者たちは、急性骨折のみではなく亜急性骨折および慢性骨折の患者、介入のない対照群がないこと、MRIにおける骨水腫の一貫性のない使用を一貫性のあるものとして含めることによって、包含基準、および他の方法論的問題を含む。この新しい研究では、著者らは、急性脊椎骨折患者の最適な疼痛治療と比較して、椎骨形成術が付加価値を有するかどうかを明らかにすることを目的とした。

患者は、オランダとベルギーの6つの病院の放射線部門からこのランダム化試験に募集されました。患者は50歳以上で、背骨のX線写真で脊椎圧迫骨折があり、6週間以内に腰痛を経験し、視覚アナログスケール(VAS)スコアが5以上であった。主な結果は、VASスコアで測定して1ヶ月および1年での疼痛緩和であった。 VASスコアは0(痛み無し)から10(最高の痛み)までの範囲であった。著者らは、臨床的に有意な疼痛軽減を、3点以上のベースラインからのVASスコアの減少として定義した。疼痛のない日数は、3以下のVASスコアを有する日として定義された。

2005年10月1日から2008年6月30日の間に、431人の患者が無作為化の適格者であると同定された。評価中に229人(53%)の患者が自発的な疼痛緩和を示した(VASスコアは介入なしで5未満に低下した)、残りの202人の疼痛を有する患者は無作為に治療に割り当てられた(101人の椎体形成術、脊椎形成術は、保存的治療よりも大きな疼痛軽減をもたらした。ベースラインと1ヶ月間の平均VASスコアの差は、脊椎形成術後-5~2、保存的治療後-2~7であり、ベースラインと1年との間の差は、脊椎形成術後では-7~7であり、保存的処置後では、3~7であった。ベースラインからの平均VASスコアの減少におけるグループ間の差は、1ヶ月で2±6、1年で2±0であった。重大な合併症や有害事象は報告されていない。

著者らは、彼らの研究の主な欠点は、治療を隠すことができなかったことであると指摘する。治療の割り当てに関する知識は、質問に対する患者の反応または放射線科医の評価に影響を与えた可能性がある。

「急性骨粗しょう症性脊椎骨折と持続性疼痛を有する患者の選択されたサブグループにおいて、椎体形成術は効果的かつ安全である。許容可能なコストです。

リンクされたコメントでは、ベルギーのベルグ2世は、脊椎形成術の大きな医学的意見に支持を寄せています(英国アバディーンのNHSグランピアン博士、ダグラス・ウォードロー氏、英国のアバディーン医学博士、ベルン・ブリュージュのAlgemeen Ziekenhuis St Jan氏)脊椎圧迫骨折の痛みの管理に役立つ部分があります。

“急性骨粗しょう症性脊柱圧迫骨折における椎骨形成術と保存的治療(Vertos II):オープンラベル無作為試験”
マリオン・C・ヴォルマンス、ウィレム・ヤン・J・ファン・ローワ、マリナス・C・シューマイヤー、ジョー・R・ユットマン、Tジョーン・H・ロー、ハラルド・J・ヴェルハール、ヨランダ(ジョアン・デ・ブリーツ)、フライツ・H・ジャンセン、アレクサンダー・V・ティルビークアレックス・F・ミュラー、オットー・エル・エルゲルスマ、ダーク・R・ハルケマ、ヘンドリック・フランセン、ザビエル・ジャンセン、エリック・バスケンズ、ウィレム・ピー・マリ
ランセット。 2010年8月10日。DOI:10.1016 / S0140-6736(10)60954-3

Like this post? Please share to your friends: