大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

太陽中毒について何を知っていますか?

日中毒は、日光に曝された後に起こる皮膚反応である。太陽の中毒を理解することは、それを防ぐ方法と治療方法を知る上で重要です。

日中毒は日焼けに類似しているため、場合によっては正しく識別することが困難です。

時には光皮膚炎と呼ばれる、日中毒は比較的知られておらず、珍しい状態です。しかし、適切に扱われなければ、重大かつ長期的な合併症を引き起こす可能性があります。

この記事では、太陽中毒の原因と症状、その治療法と予防法について説明します。

症状

太陽中毒に関連する多くの異なる症状がある。最も一般的で明白な症状は、皮膚に対する反応です。

それは、アレルギー反応と類似した外観および感触を有し、以下の症状を特徴とする:

顔の発疹で鏡を見ている女性

  • かゆみ、かゆみ、水疱:皮膚がかゆくなり、患部に隆起や水泡が現れることがあります。
  • 痛みと腫れ:皮膚の冒された部分は痛みがあり、湿疹病変の出現を示すことがあります。皮膚は赤くなったり腫れたりすることがあります。
  • 皮膚の暗色化:場合によっては、影響を受ける皮膚がより暗くなることがあります。これは、色素沈着過剰として知られています。

症状の別のグループには以下が含まれます:

  • 吐き気
  • 頭痛

これらの症状は、インフルエンザまたは類似のウイルス状態と誤認される可能性があります。

日中毒は皮膚癌のリスク増加と関連している可能性があります。

急性対慢性

太陽中毒の急性および慢性の変化がある。急性の日中毒は、症状が比較的軽度で一時的であり、治療に合格するときである。

慢性的な太陽中毒は、進行中の重篤な症状を特徴とする。慢性的な太陽中毒の予防や治療が困難なため、医師のアドバイスが不可欠です。

日中毒と日焼け

日中毒と日焼けは非常によく似た状態です。より深刻で日焼けのための中毒の長期的な状態を誤る可能性があります。

日焼け

日焼けは、皮膚が直射日光に長時間さらされたときに起こります。

日焼けの症状には、皮膚の赤みがあります。これは触っても暖かくなります。皮膚はかゆみがあり、しばらくしてからははがれ始めることがあります。

日焼けはしばらく後に消えます。極端な場合、日焼けは発熱と吐き気を伴うことがあります。日焼けは日光に長時間さらされている人に影響を与えます。

日中毒

太陽中毒と日焼けの主な違いは、前者がアレルギー反応の一種であることです。皮膚が強いUV光に長時間暴露されたときに起こります。

日焼けの症状は通常、太陽中毒の場合に存在しますが、通常、より重度であり、より長く続きます。

その他の症状もあります:

  • ハイブ
  • 発疹
  • ブリスター

日中毒は誰にも影響しません。一部の人々は他よりも太陽中毒を発症する可能性が高くなります。

日焼けの症状がひどい場合や長期間続く場合は、医師の診察を受けることをお勧めします。この状態は、実際に太陽中毒であり、異なる治療が必要な場合があります。

原因

外で働く造園

太陽中毒には多くの原因が考えられますが、場合によっては原因が判明していない場合もあります。

場合によっては、既存の状態がそれを開始する条件である可能性があります。例えば、湿疹や狼瘡は、皮膚を光に対してより敏感にすることができ、日中毒のリスクを増大させる。

同様に、特定の化学物質と接触することができるように、薬物の中には光に対する皮膚の感受性を高めることができるものもある。

また、遺伝的素因または食事欠乏は、中毒発症機会を増加させる可能性がある。

日光中毒を発症する危険性が高いグループには、肌がきれいで、明るい色の髪、青色または緑色の目を持つ人が含まれます。これは、人種や民族にかかわらずです。

直射日光の下で長時間を過ごす人々もまたリスクが高くなります。屋外で仕事が必要な場合は、職業上の危険とみなすことができます。雇用主は従業員が仕事中に太陽中毒を発症するのを防ぐために、そのようなリスクを認識すべきである。

処理

太陽の中毒を治療することは、特定の症状に焦点を当てることを含む。太陽の中毒を治療するときは、医師の診察を受けてください。

ドレッシング

きれいな湿った包帯を噴霧した水疱や開いた創傷に塗布すると、癒すのに役立ちます。これはまた、感染の危険性を減少させる。

光線療法

状況によっては、光線療法が必要な場合もあります。時には光線療法として知られている、これは皮膚を特定の波長の光にさらすことを含む。

この制御された光は、損傷した皮膚細胞の成長を遅らせるのに役立ちます。光線療法は痛みを和らげ、症状を管理するのに役立ちます。

薬物セラピー

場合によっては、薬物を含む治療が必要な場合があります。これは一般的ではなく、通常は光に非常に敏感な人にのみ推奨されます。

光線療法が選択肢でない場合、太陽中毒のための薬物療法が推奨されるかもしれません。短期および長期の両方の薬物治療が利用可能である。

食生活の変化

日中毒は食生活の変化で治療することができます。

日中毒の栄養療法の利点は十分に研究されていない。しかし、すべての必須ビタミンとミネラルを含む食事は、光感受性のリスクを軽減するのに役立つことが知られています。

太陽中毒の予防

彼女の鼻に日焼け止めがある浜辺の女の子

太陽の中毒を予防する方法は、日焼けを予防する方法に似ています。

  • 暴露を減らす:強烈な日光に長時間暴露するのは避けてください。これには、暴露された皮膚を衣類で覆うこと、帽子をかぶること、または可能であれば日陰にとどまることなどがあります。
  • サンローションを使用する:サンローションを皮膚に塗布することをお勧めします。より高い因子のサンクリームは、皮膚に対するより大きな保護を提供し、日中毒のリスクを低減する上でより効果的である。
  • 投薬の副作用に注意してください:投薬の種類によっては、日光に対する感受性が増すことがあります。いずれかの投薬が日中毒のリスクを増加させるかどうかを知ることは重要です。
  • ベッドの日焼けを避ける:日焼けベッドの使用はお勧めできません。ほとんどの医師は避けるように勧めます。

医者を見に行くとき

太陽の中毒のほとんどのケースでは、状態は時間と自己ケアと一緒に通過します。しかし、場合によっては、医師に診てもらうことをお勧めします。

患部が大きい場合、または身体の一部を覆う場合は、医師の診察を受けることをお勧めします。

太陽の中毒が軽度であっても、医師の意見を求めて、それが適切に治療されることを保証することができます。これにより、合併症を予防し、症状をより早く緩和することができます。

Like this post? Please share to your friends: