大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

トッドの麻痺は何ですか?

トッドの麻痺は、てんかんの一部の人々によって経験されている。発作後、体の全部または一部を動かすことが不可能になったときに起こります。

てんかんは、短時間働くことを止める脳の電気活動を引き起こす状態です。その結果、発作、痙攣、またはフィット感が知られています。

トッドの麻痺の明確な原因はありません。冒された脳の部分に応じて、症状には、視覚または発語による一時的な問題、ならびに運動の喪失が含まれ得る。

まれに、頭部外傷を患っているようなてんかんに罹患していない人々に麻痺が起こります。

この記事では、状態、その症状、およびその原因について詳細に調べます。

トッドの麻痺は何ですか?

トッドの麻痺

トッドの麻痺は、トッドの麻痺、トッドの麻痺、または発作後の麻痺とも呼ばれます。これは神経学的状態であり、脳および神経に関連する。

人の脳のさまざまな部分が、音声や動きなどの身体のさまざまなプロセスや活動を制御します。

トッドの麻痺を経験するほとんどの人はてんかんを有しており、発作直後に症状が現れる。発作から回復するには脳に時間がかかり、これは体に影響を与える可能性があります。

トッドの麻痺は一般的に片手、腕、脚に影響しますが、その状態は全身に影響を与える可能性があります。その効果は、身体の一部の弱さから動きと感覚の完全な消失までの範囲であり得る。

症状は視覚と発語に影響することがあります。トッドの麻痺を経験している人は、話すことができないかもしれないし、言葉を鈍らせているかもしれません。視界がぼやけたり、光や色が点滅したりすることがありません。

症状

てんかん発作は異なる段階を有する:

  1. オーラや警告ですが、てんかんを持っている人は誰もこれを経験しません。
  2. 発作自体は発作段階として知られています。
  3. 発作後期として知られる発作からの回復。

トッドの麻痺は回復期に起こるため、時には発作後の麻痺として知られています。

てんかん発作の直後には正常に戻っていると感じる人もあれば、回復するには数分または数時間かかることもあります。

発作からの回復時間の間に、てんかんのある人は混乱、疲労、またはめまいを含む症状を呈するのが一般的です。

トッドの麻痺は、発作後のあまり一般的ではない経験です。脳のどの部分が回復しているかによって、身体のさまざまな部分が麻痺の影響を受けます。

トッドの麻痺を経験した人は、身体の一部または全部を動かすことができません。この状態は、通常、体の片側だけで起こり、脳卒中と混同する可能性があります。

麻痺は30分から36時間続くことがあり、その後、感情や動きは完全に回復します。麻痺の平均所要時間は15時間です。

脳卒中との違い

トッドの麻痺は、通常、身体の片側のみに影響を与え、衰弱または感覚の喪失を引き起こし、痙攣を緩和することができる。脳卒中はこれらの症状をすべて共有する。したがって、トッドの麻痺は脳卒中と容易に混同される可能性がありますが、治療は異なる必要があります。

脳卒中は緊急ケアが必要な病状です。脳への血液供給は、投薬や手術で緊急に回復する必要があります。

脳卒中は回復するのに時間がかかり、多くの人々がリハビリを必要とします。彼らのリハビリは、通常の生活を再開し、話したり、物事を把握したり、また歩くことができるようにするための支援を意味するかもしれません。

対照的に、トッドの麻痺は比較的短時間で消え、通常は持続的な影響はない。てんかんは、たいていの場合管理できる状態である。

原因とリスク要因

脳の3D図

トッドの麻痺原因ははっきりしない。

理論は、それが脳の活動を遅くする脳内のプロセスに起因する可能性があることを示唆している。特に影響を受ける可能性のある脳の領域は、身体を動かすように指示する責任を負うモーターセンターです。

まれに、頭部外傷の後にトッドの麻痺が起こることがあります。それは脳損傷の症状と誤認され、それに応じて治療することができます。

てんかんを持つ人の誰もがトッドの麻痺を経験するわけではありません。特定の人々が他のものよりも状態を有する可能性がより高いことを意味する明確なリスク要因は見出されていない。

トッドの麻痺は発作直後に起こるため、発作が少なくなると麻痺もまれに起こりにくくなります。十分な睡眠を取ることを含む、薬物療法およびセルフケアで癲癇を管理することによって、発作の回数を減らすことができます。

診断

誰かが初めて発作を起こした場合、できるだけ早く医師に診てもらうべきです。それらは、神経科医として知られる脳および神経専門医に紹介されてもよい。発作とてんかんの多くの理由があることは唯一の原因ではないことを覚えておく必要があります。

てんかんは診断が難しい場合がありますので、発作を詳細に説明すると役に立ちます。脳の電気的活動や損傷を確認するためのテストが必要な場合があります。

人がトッドの麻痺の症状を呈し、既にてんかんと診断されている場合、医師の診察を受けるべきである。医師または神経科医は、発作後に何が起こるかについて質問し、薬が正しいことを確認することができます。

処理

神経科医の書き込みノート

現在のところ、トッドの麻痺に対する治療法はありません。しかし、人の発作をコントロールすることで、麻痺を経験する回数が減ります。

てんかんの治療は、発作の停止または減少に焦点を当てている。脳内の化学物質のレベルを変化させる医薬品は、約70%の人々の発作を抑制するのに役立ちます。

てんかんのある人の中には、睡眠不足や閃光のような発作の明確なトリガーがあり、発作の発症を防ぐためにそれらを避けることができます。

何人かの人々は、発作がいつ起こるのかを知ることができます。この認識は、警告または気分として知られており、次のようなさまざまな症状を呈することがあります。

  • 珍しいにおいや味
  • 恐怖や喜びの激しい感情
  • 胃の不安

てんかんを患っている人が発作を起こそうとしていると感じたら、自分自身を傷つけることのできない位置にいこうとするべきです。これには、壁や家具から離れた床に横になり、首の周りに窮屈な服をゆるめるなどがあります。これらの予防措置は、けいれん発作が起きた場合に、けがをしたり、呼吸を助けるのに役立ちます。

トッドの麻痺が発作後に起こった場合、人はそれがなくなるまで、できるだけ快適な姿勢で休まなければならない。

人々は最初に症状を経験したときに治療を受けなければならず、将来の発作や麻痺が起こる可能性について医師に尋ねるべきである。

見通し

トッドの麻痺は脳卒中と容易に混同されるが、はるかに迅速に終了し、持続的な症状はない。発作直後に起こると診断することができます。

トッドの麻痺を経験しているてんかんの人は、症状が消えている間は休まなければならない。

薬物療法、セルフケア、ストレスや疲労などの原因を特定することで、発作の数を減らすことができます。

Like this post? Please share to your friends: