大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

医療研究における症例対照研究とは何ですか?

症例対照研究は、特に病気の発生またはまれな状態を調査する際に、病気の原因を特定するのに役立つ医療調査調査の一種です。

もし公衆衛生科学者が、新しい病気の発生原因についての手がかりをすばやく簡単に見つけ出すためには、2つの人々のグループを比較することができます:症例、病気のある人の言葉、コントロール、病気。

症例対照研究を記述するために使用される他の用語には、疫学的、遡及的および観察的なものが含まれる。

症例対照研究とは何ですか?

アンケートのケースコントロール研究

症例対照研究は、状態を引き起こした可能性のあることを確認または指示するために医療調査を行う方法です。

彼らは通常、過去のデータを参照して、特定の結果が疑わしいリスク要因にリンクして、さらなるアウトブレイクを防ぐことができるかどうかをテストすることを意味する、遡及的です。

前向き症例対照研究はあまり一般的ではない。これには、特定の人々の選択を登録し、健康を監視しながらそのグループに従うことが含まれます。症例は、研究が進行するにつれて調査中の疾患または状態を発症する人々として現れる。この疾患に罹患していないものは対照群を形成する。

具体的な原因を調べるために、科学者は、アウトブレイクや病気の原因について仮説を立てる必要があります。これらは危険因子として知られています。

彼らは、症例群の人々が疑いのある原因にさらされた頻度と、対照群のメンバーがどれほど頻繁に暴露されたかを比較する。事例集団の参加者がより多くリスク要因を経験する場合、これはその原因である可能性が高いことを示唆している。

研究者はまた、各グループの人々の医学的および個人的な履歴を研究することによって、仮説に言及されていない可能性のある危険因子を明らかにする可能性がある。条件を特定の要素にリンクするパターンが出現することがあります。

研究者は、年齢、性別、喫煙、赤肉の摂取など特定のリスク要因がすでに特定されている場合は、統計的方法を用いてそのリスク要因を考慮して研究を調整し、可能性のあるリスク要因がより容易になる。

症例対照研究は、疫学者、または集団の健康や病気に影響を及ぼす要因を調べる研究者が使用する重要なツールです。

特定の結果について、ただ1つのリスク要因を調査することができます。その良い例は、喫煙歴のある肺がんの人と、そうでない人の数を比較することです。これは、肺がんと喫煙の関係を示します。

それはなぜ有用なのですか?

症例対照試験の使用には複数の理由がある。

比較的迅速かつ容易

症例対照研究は通常、過去のデータに基づいているため、必要な情報はすべてすぐに入手でき、迅速に実施できます。科学者は、既存のデータを分析して、既に起こっている健康事象および既に観察された危険因子を調べることができる。

遡及的症例対照研究では、科学者は数日、数週間、または数年間にわたって治験において何が起こるのかを待つ必要はない。

幸せな医者はタブレット

データが既に照合および分析に利用可能であるという事実は、迅速な結果が望まれるとき、おそらく突発的な疾病発生の原因を突き止めるためにケースコントロール研究が有用であることを意味する。

研究者が新たな症例を監視している間に疑わしいリスク要因に関するデータを収集できるので、このシナリオでは、前向き症例対照研究も有用である。

症例対照研究によって得られる時間を節約する利点は、疑わしい原因への暴露が疾患の結果よりもずっと前に起こる場合、他の科学的試験設計よりも実用的であることを意味する。

例えば、成人期に見られる病気が若者に発生する要因と関連しているという仮説を検証したい場合、前向き研究は何十年もかかるだろう。症例対照研究は農場実現可能な選択肢である。

多数の人が必要ない

多数の参加者が統計的に有意義であることを必要としないため、多くのリスク要因を症例管理の段階で評価することができる。より多くのリソースは、より少ない人数の分析に専念することができます。

倫理的課題を克服する

症例対照研究は観察的であり、通常は既に症状を経験している人々についてのものであるため、いくつかの介入研究で見られる倫理的問題を提起しない。

例えば、潜在的に命を救うワクチンを子供のグループから奪い、誰が関連する病気を発症したのかを知ることは非倫理的です。しかし、そのワクチンへのアクセスが制限されている子供のグループを分析することで、その病気を発症するリスクが最も高い人を特定し、将来の予防接種の手引きを助けることができます。

制限事項

頭がおかしい医者の頭

症例対照研究は、リスク因子と結果との関連についての仮説を検証するのに役立つが、因果関係を確認する他のタイプの研究ほど強力ではない。

症例対照研究は、より早期の手がかりを提供し、より厳格な科学的方法を用いてさらなる研究に情報を伝えるためにしばしば用いられる。

症例対照研究の主な問題は、過去のデータを調べるため、リアルタイムでデータを記録する予定の研究ほど信頼性がないことです。

症例対照研究の主な制限は次のとおりです。

「リコールバイアス」

特定のリスク要因に対する以前の曝露に関する質問に人々が答えたとき、彼らのリコール能力は信頼できない可能性があります。ある病気の影響を受けていない人と比較して、特定の疾病の結果を持つ人は、自分の主観的な結びつきを自分の状態を説明する誘惑のために、存在しなくても特定のリスク要因を思い出す可能性が高くなります。

特定の薬剤への曝露などのリスクファクターに関するデータが当時信頼できる記録に入力されていれば、このバイアスは軽減される可能性があります。しかし、これは、通常、アンケートによって調査されるため、ライフスタイルの要因には不可能かもしれません。

リコールバイアスの例は、特定の症状の発症時に気象をリコールすることを研究参加者に依頼することと、正式な診断の時期に科学的に測定された気象パターンの分析との違いです。

体内のリスク因子への曝露の測定値を見出すことは、症例対照研究をより信頼性が高く、主観的でなくする別の方法です。これらはバイオマーカーとして知られている。例えば、研究者は、薬物使用について参加者に尋ねるのではなく、特定の薬物の証拠について血液検査または尿検査の結果を見ることができる。

原因と結果

疾患と考えられるリスクとの間に見出される関連は、必ずしもある要因が直接的に他の要因を引き起こしたことを意味しない。

実際、後ろ向き研究では、実験ではないため、リンクが明確な原因であることを決して証明できません。しかし、因果関係の可能性、例えば、関連の程度や、リスクファクターへの暴露増加に対する「用量反応」があるかどうかなどをテストするために使用できる質問があります。

因果関係の限界を示す一つの方法は、文化的要因と特定の健康効果との間に見出される関連性を見ることである。特定のタイプの運動などの文化的要因そのものが、同一の文化的集団のケースが、ある種の食料嗜好などの他のもっともらしい共通要因を共有する場合、結果を引き起こさない可能性があります。

いくつかのリスク要因は他者に関連している。研究者は、座り心地の生活習慣を落とし、落ち込んでいる、貧困に陥っているなど、リスク要因の重複を考慮する必要があります。

例えば、うつ病と体重増加の関連性が遡及的症例対照研究で報告されている場合、座った生活様式の人々を含む対照群を持たずに、うつ病が体重増加の危険因子であるということは確信できません。

「サンプリングバイアス」

研究のために選択された症例および対照は、調査中の疾患を真に示すものではない。

これの例は、症例が教育病院で見られる場合に発生します。これは、病気が発生する可能性のあるほとんどの設定と比較して高度に専門化された設定です。コントロールも人口の典型ではないかもしれません。研究のために自分のデータをボランティアしている人は、特に高いレベルの健康意欲を持っているかもしれません。

その他の制限

症例対照研究には他の制限がある。彼らは参加者の大きなグループを必要としないので、彼らは珍しい状態を研究するのに良いが、彼らはコホート研究により明確に示される稀な危険因子を調べるためにあまり有用ではない。

最後に、症例対照研究は、調査される疾患の異なるレベルまたはタイプを確認することができない。ケースは、条件を満たしているかしていないかによって定義されているため、1つの結果のみを見ることができます。

Like this post? Please share to your friends: