大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

ベーキングソーダ:関節炎のための安全で簡単な治療法ですか?

ベーキングソーダは、その制酸性のため世代の家庭用治療薬として使用されてきました。しかし、その利点はより深く作用し、新しい研究によって関節炎などの自己免疫疾患の治療に効果的な助けとなる理由が説明されるかもしれません。

暗い表面でのベーキングソーダ

炭酸水素ナトリウムとも呼ばれるベーキングソーダは、ケーキの飼料として一般的に使用される台所用品です。

それは言われている、それはまた、様々な条件のための家庭救済術としての名前を作った。例えば、半分の小さじのベーキングソーダは、胸やけや酸逆流を和らげるために取られ、この物質は歯を白くするためにも使われます。

現在研究結果が発表されている新しい研究では、オーガスタ大学のジョージア医学部の研究者らは、慢性関節リウマチなどの炎症性疾患に対する免疫システムをいかにして飲んでいるかを正確に明らかにしている。

オーガスタ大学の腎臓生理学者Paul O’Connorらは、ベーキングソーダ溶液を飲むことが、最初はラットで、次にヒトで起こるという効果をテストしました。

彼らの実験では、この塩が「中皮細胞」と呼ばれる特殊な種類の細胞にどのようにシグナルを伝えているかについての複雑な話をしています。したがって、有害な自己免疫応答が回避される。

ベーキングソーダおよび中皮細胞

中皮細胞は体内の多くの異なる腔と同様に内臓器官に並んでいる。臓器や他の内部組織が一緒にくっつくのを防ぐだけでなく、それらの機能のすべてが詳細に研究されているわけではありません。

新しい研究では、O’Connorとチームは、ベーキングソーダ溶液が最初にラットで、その後健康なヒト参加者に効果があるかどうかをテストし、興味深いメカニズムに影響を与えたと指摘しました。

ベーキングソーダは胃を「催促して」より多くの胃酸を産生し、食べ物をより早く簡単に消化することができます。しかし、これに加えて、それは脅威がないので、脾臓を覆う中皮細胞に「容易に取る」ようにも思われる。

基本的に、オコナー(O’Connor)の言葉では、中皮細胞は「細菌感染ではなくハンバーガーである可能性が最も高い」と学びます。だから彼らは、マクロファージの脾臓の「軍」を活性化しないか、または潜在的に有害な細胞破砕物を取り除くことを任された白血球を活性化しない。

「確かに重炭酸塩を飲むと脾臓に影響を与え、中皮細胞を介していると考えている」とオコナー氏は説明する。

中皮細胞は、微小絨毛と呼ばれる小さな突起を使用して臓器と連絡し、メッセージを送る媒質は神経伝達物質アセチルコリンである。

「炎症性から抗炎症性へ」

だから実際に何が起こるのですか?研究者らは、ベーキングソーダ溶液を飲んだ人々は、脾臓で活性化された免疫細胞の種類に変化を経験したことに注意している。実際、炎症促進性マクロファージ(M1)は数が減少し、抗炎症細胞(M2)のレベルは上昇した。

血液や腎臓には同じ種類の細胞も含まれており、慢性腎臓病の治療にはベーキングソーダが使用されています。このアイデアは、新しい研究の著者に、この物質が腎機能を改善するのに役立つメカニズムを探究するよう促した。

「ベーキングソーダはどのようにして腎臓病の進行を遅らせるのだろうか?オコナーは言う。

最初に、研究者らは、腎臓疾患のラットモデルに対するベーキングソーダ溶液の効果を分析し、その後対照サンプルとして作用した健康なラットについて再度分析した。

これは、腎臓のM1細胞のレベルが低下し、M2細胞のレベルが増加したことに気付いた時です。

腎臓疾患を有するラットおよび健康なラットの両方が同じ発達を示した。そして、ベーキングソーダが細胞レベルでの炎症応答に影響を与えるという考えを浮かべたのは、この変化でした。

研究者が健康な医学生を募集して、ベーキングソーダ溶液を飲むように頼んだとき、この物質の抗炎症効果が脾臓および血液中で起こったことが明らかになった。

「炎症性所見から抗炎症性プロフィールへの移行はどこからでも起こっており、腎臓でそれを確認した後、脾臓で見た。末梢血で見る。

ポール・オコナー

「安全な方法で炎症性疾患を治療する」?

著者の主な啓示の1つは、抗炎症シグナルを媒介するのが中皮細胞であったという事実であった。

既存の作業理論は、迷走神経、心臓、肺、および腹部の様々な器官と連絡する長い脳神経を介して、関連する細胞にシグナルが伝達されたことであった。

しかし実験では、この考え方が間違っていることが明らかになりまし科学者がこの神経を切断しようとしたとき、これは中皮細胞の挙動に影響を与えなかった。代わりに、これらの細胞は、以前考えられていたよりも、彼らが並べている器官とより直接的なコミュニケーションを持つことが明らかになりました。

O’Connorと彼のチームは、脾臓を動かすことで中皮細胞に影響を与え、炎症反応を調節するシグナルが失われたことに気づいたとき、これを認識しました。

「我々は、この抗炎症反応を媒介することがわかっているコリン作動性(アセチルコリン)シグナルは、脾臓を支配する迷走神経から直接的に来るのではなく、脾臓へのこれらの結合を形成する中皮細胞から来ると考えている。

結果は、なぜベーキングソーダが関節炎を含む自己免疫疾患を助けることができるかについての答えを提供し始め、これらのメカニズムのさらなる研究は、この共通の化合物によって得られた結果を最適化するのに役立ち得る。

「おそらく、炎症性疾患を治療するための本当に安全な方法です」とO’Connor氏は結論づけています。

Like this post? Please share to your friends: