大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

アルコールを飲んだ後に下痢を起こす原因は何ですか?

アルコール飲料は多くの国で一般的な活動ですが、中等度の飲酒でも一連の副作用があります。

多くの人がアルコールを飲んだ後に下痢を経験します。下痢は、不快であり、他の症状を伴い得る。さらに、いくつかの種類のアルコールは、他のものよりも下痢を引き起こす可能性があります。

幸いにも、飲酒後の下痢の可能性を減らすために、いくつかの簡単な処置があります。

なぜアルコールは下痢を引き起こすのですか?

アルコール下痢

アルコールは身体の多くの組織に容易に吸収されます。アルコールが体内に入ると、すぐに血流に入るようになります。この吸収のいくらかは胃で起こる。

当時の胃の中に食べ物があると、吸収速度が遅くなります。これは、人々が空腹時にアルコールの影響をより迅速に感じる理由です。

胃を離れると、アルコールは小腸に吸収され始めます。アルコールの多くはここに吸収されますが、残りは大腸に入り、便と尿が出てきます。

アルコールは、途中で消化器系の正常な機能に重大な変化を引き起こす可能性があります。これらの変更には、

  • 炎症:胃腸管はアルコールと接触すると炎症を起こします。アルコールはまた、胃の中でより多くの酸生成をもたらし、刺激および炎症を増加させる可能性がある。この刺激はしばしば下痢につながります。
  • 吸水:通常、水は腸に到達する食品や液体から吸収されます。大腸は、体外に出す前に大便を液体から引き出します。アルコールが存在する場合、大腸は同様に機能しない。これは、液体の便や脱水を引き起こす可能性があります。
  • より迅速な消化:アルコールは腸を攪拌し、消化を早めることによって反応します。結腸内の筋肉はより頻繁に収縮し、便を通常より速く押し出す。腸が通過する食べ物を適切に消化する時間がないので、この迅速化は下痢につながる可能性があります。
  • 細菌の不均衡:有害な病原体を攻撃して体をバランスのとれた状態に保つ様々な細菌が腸内に存在します。アルコールは一時的にいくつかの細菌種を殺すか、または他のものが急速に増殖することを許し、腸が機能しなくなる可能性があります。

その他のリスク要因

アルコールを飲んだ後に下痢を起こすリスク要因があります。生活習慣の選択は、飲酒後の日に下痢に影響を及ぼし、他の状態は症状を悪化させる可能性があります。

ライフスタイルの選択肢

個人的な習慣は、飲酒による副作用に重要な役割を果たします。

ほとんど毎日飲む人は、アルコールからの慢性の下痢を経験する可能性があります。飲み過ぎや酒類を連続して飲む人は、さらに下痢を経験する傾向があります。

飲む間に重い食べ物を食べると、下痢のリスクも上昇する可能性があります。アルコールは腸の組織を通って働いているときに身体は食べ物を消化し、アルコールは重い食物を分解するために必要な消化酵素を減らすことがあります。

その他の消化器症状

過敏性腸症候群(IBS)、セリアック病、またはクローン病を患っている人は、アルコールを飲んだ後でより頻繁にアルコールに反応し、下痢を経験することがあります。

グルテン不耐性の人々は、ビールや特定の酒の穀物にうまく反応しないかもしれません。より敏感な消化管を有する人は、一般に、アルコールの影響に対してより敏感であり得る。

特定のアルコールは他のものよりも下痢を引き起こしますか?

異なるアルコール飲料は、他のアルコール飲料よりも多くの症状を引き起こす可能性があります。アルコール飲料は、各個人に異なる影響を与える可能性があることに注意することが重要です。

ビール下痢

ビールは、通常、下痢の最大の犯人の1つです。ビールは、他のアルコールと比較してより多くの炭水化物を持っています。体はアルコールを飲みながらこれらの余分な炭水化物を分解するのに問題があることができます。

ワインはまた、特定の人々の下痢をより頻繁に引き起こす可能性があります。ワインを飲むときに下痢を経験する人は、タンニンにアレルギーがあるかもしれません。タンニンはブドウの肌に含まれる化合物であり、その反応は頭痛、吐き気、下痢の症状を引き起こすことがあります。

混合飲料からの過剰な砂糖はまた、一部の人々のために下痢を悪化させる可能性があります。過剰な砂糖は体が腸の内容物を速く押し出す原因となります。

防止

アルコールによる下痢の予防は、飲酒の習慣に留意することから始まります。アルコール飲料の摂取を遅くすると、消化管へのストレスを緩和するのに役立ちます。

胃腸症状を引き起こす飲み物を異なる種類のアルコールで置き換えることは、長期的に役立つことがあります。

アルコールを飲む前に食事をすると、アルコールの体内への吸収速度が遅くなり、下痢のリスクが低下する可能性があります。

カフェインは腸内の動きと消化の速度を高めることができるので、カフェインと混合したアルコール飲料を飲むのを避けるのに役立ちます。

回復

アルコール性飲料を飲んだ後の下痢は、通常長期間続くものではありません。人が定期的に食事を開始し、水分を補給し、アルコールを避け始めると、症状は典型的にはすぐに消えます。

米アルコール下痢

米、トースト、プレーンクラッカーなど、簡単に消化した食べ物を飲むと、追加の症状を引き起こすことなく胃を満たすのに役立ちます。

下痢直後の乳製品や脂肪や繊維の多い食品は、回復しようとすると消化器系にさらなるストレスをかける可能性があるため、避けてください。

体は尿と下痢の両方で多くの水分を失っているので、アルコールを飲んだ後は特に体液が重要です。飲料水、ハーブティー、およびブイヨンは、脱水を防ぐのに役立ちます。

持続性の下痢の場合、店頭販売の薬は体が水を吸収して便を補うのに役立ちます。プロバイオティクスはまた、腸内の細菌バランスを取り戻すのに役立ちます。

医者を見に行くとき

持続性の下痢は、医師の診察を必要とするかもしれない別個の症状の徴候であり得る。また、過度の下痢は脱水につながる可能性があります。

次の症状が現れた場合、医師に通知する必要があります。

  • 2日以上持続する持続性の下痢
  • 乾燥した口と連続的な渇き
  • 尿が少なくてもなくても、余分な液体摂取でさえ
  • 色が非常に暗いことが多いまれな尿
  • 衰弱と疲労
  • めまいや眩暈
  • 強烈なけいれんと痛み
  • 血便
  • 抗下痢薬によるものではない黒い便

脱水症状は生命を脅かす恐れがありますので、上記の症状を経験した人は医者に連絡してください。

ほとんどの場合、飲酒による下痢の場合、通常の食事に戻って飲酒をやめると症状は消えてしまいます。

Like this post? Please share to your friends: