大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

陰茎を長くしたいですか?トラクションは手術を打ち負かす、研究者に言う

陰茎の長さを長くする手術が必要な男性は、陰茎牽引装置のような非侵襲的な方法を最初に試みるべきであり、いくつかのケースでは、自分の体をより自信を持って感じさせるためのセラピーも試みるべきだとイタリアの泌尿器科医British Journal of Urology Internationalの4月号に掲載されました。

トリノ大学のMarco OrderdaとPaolo Gonteroは研究レビューを行い、陰茎エクステンダーは真空装置、運動およびボトックス注射のような他の非侵襲的方法より効果的であると結論付けた。

彼らはまた、外科手術は必ずしも完璧な解決策ではないと考えていた。

関連する泌尿器科の教授であるゴンテロ(Gontero)教授は、

「現在の証拠に基づいて、手術ではなく陰茎エクステンダーが、勃起不全の延長処置を求める男性のための第一線の治療薬であるべきだと提案している」

「手術は、合併症や望ましくない結果のリスク、医師の間で合意が欠如していることを特徴としているため、非侵襲的な手法が望ましい理由です」とゴンテロ氏は述べています。

いくつかのケースでは、精神的満足度は身体的変化と同じくらい重要であるとOrderdaとGonteroは指摘する。

Gontero氏は、ほとんどの場合、陰茎のサイズが普通であるにもかかわらず、男性が陰茎のサイズを心配している場合、泌尿器科医に頻繁にアプローチすると言いました。

しかし、前立腺癌の男性の根治的前立腺切除術などの外科的処置と同様に、ペイロニー病および先天性異常などのいくつかの状態があり、これは男性よりも短い陰茎陰茎を残す可能性がある。慢性炎症または攻撃的な割礼による皮膚の欠如はまた、陰茎をより小さく見えるようにすることができる。

また、別の状態は、腹部の脂肪と肌が陰茎の上に重なる肥満の高齢者によく見られる「隠れた陰茎」です。

彼らがレビューした研究の大部分によると、陰茎は、弛緩期が4cm以上、直立時が7.5cm以上であれば正常と見なされましたが、これも高さとBMIに依存していました。長さは、背側の上側に沿って測定した。

Gonteroは、陰茎の長さを増加させる外科的および非侵襲的方法をまだ比較した研究はないと述べた。

しかし、私たちのレビューでは、陰茎エクステンダーは効果的で耐久性のある陰茎延長法であり、副作用を最小限に抑えながら陰茎を平均1.8cm伸ばすことができることが示唆されています。 。

GonteroとOderdaは、計121人の男性に対するペニス手術のエビデンスに基づく5件の研究と、ペニシェエクステンダーを使用した合計109人の男性を対象とする非外科的介入に関する6件のエビデンスベースの研究をレビューした。 2000年から2009年の間。

彼らは、外科的処置が1.3から2.5cmの平均弛緩長さの増加をもたらした一方で、3種類の腱伸展剤の研究が0.5から2.3cmの平均弛緩長の増加をもたらしたことを見出した。

ペニスエクステンダーは、通常、ペニスが数ヶ月間、数時間にわたって牽引されることを必要とし、研究者はその利益がそれに値するものかどうか疑問に思った。

陰茎エクステンダーを使用した少数の男性は、あざけり、一時的な変色、疼痛および痛みを経験したと報告した。

37人の男性で繰り返される真空治療の長期的影響を検討した1件の研究では、男性の心理的満足度はある程度報告されているものの、半年後の陰茎長に有意な変化は見られなかった。 1人の人が経験があると報告し、もう1人が血腫(組織の下の血液)を持っていた。

彼らが見直した別の研究では、ボクストは弛緩期の長さを伸ばし、ペニスレタージュを減少させる一時的な効果があることが示されたが、勃起不全薬を使用して懐眼鏡のリングを使用すると不安を抱える男性が勃起を維持する助けとなるこれらの装置がどれほど効果的かを測定した。

OrdedaとGonteroは、この考え方が多くの男性に訴求されているにもかかわらず、インターネットで広く議論されているにもかかわらず、おそらく安く、侵襲的な処置を伴わないため、運動が男性のヒルペニスを助けることができるという証拠はない。

陰茎が小さすぎると感じる多くの男性は、それが正常なサイズ範囲にあることを発見するとしばしば驚いています。これは、彼らの身体イメージの認識を改善するために認知行動療法を試みることを推奨した査読者は、これらの患者を助ける治療のための治療法があることを意味する。

執筆者:キャサリン・パドック博士

Like this post? Please share to your friends: