大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

アスピリンは胃腸がんのリスクを軽減する

大規模な研究は、アスピリンの長期使用が消化器癌を発症する可能性を半減させることを発見しています。

シニアの手がアスピリンを保持

胃腸癌には、結腸直腸癌、胃(または胃)癌、肝臓癌、膵臓癌、食道癌および小腸癌が含まれる。

これらのうち、結腸直腸癌は西洋世界で最も広く見られる。米国ではこのような悪性腫瘍が癌関連死亡の第2位の原因である。

私たちが危険にさらされている場合、健康的なライフスタイルを導き、定期的に検診するなど、がんを予防するためにできることはたくさんあります。これに加えて、最近、別の予防戦略であるアスピリンの使用を指摘している研究が増えています。

2009年、国際コンセンサス声明は、「アスピリンや他の非ステロイド性抗炎症薬(結腸直腸癌やその他のがんタイプ)の化学的予防効果を明らかに示している」と述べている。

また、米国予防サービスタスクフォースからの最新の推奨声明では、50〜59歳の成人の[結腸直腸癌]の一次予防のための低用量アスピリンの使用を開始することを推奨している[…]低用量アスピリンを毎日服用する意思がある少なくとも10年間は​​」

この文脈では、中国の香港大学のKelvin Tsoi教授と彼のチームは、アスピリンの消化器癌に対する予防効果をより詳細に調べることに着手しました。

この研究は10年にわたり、60万人を超える参加者を含んでいます。この発見は、スペインバルセロナで開催された第25回欧州合併胃腸病学週間で発表されました。

消化器癌とアスピリンの使用を検討する

Tsoi教授らは、618,884人の参加者、206,295人のアスピリンユーザーを調査しました。アスピリンを服用している患者の平均年齢は67.5歳で、平均して67.6歳であった。

アスピリンの使用者は平均7.7年間薬を処方されており、処方された中央値は80ミリグラムであった。

同チームは、結腸直腸癌、肝臓癌、食道癌、膵臓癌、および胃癌を含む胃腸癌ならびに「胸部」を含む非胃腸癌を含む患者の転帰を14年まで追跡調査した膀胱、腎臓、白血病、肺、多発性骨髄腫、または前立腺がん」と呼ばれている。

フォローアップ期間中、患者の15.9%ががんを発症し、肺がんが最も一般的であった。

消化器癌のリスクを最大47%削減

「アスピリンの長期使用は、[胃腸管]における主要な癌の24〜47%の有意な減少を示した」と著者らは書いている。

より具体的には、アスピリンの使用者は、肝臓癌および食道癌を47%、胃癌を有する可能性が38%低く、膵臓癌を有する可能性が34%低い。

さらに、アスピリン使用者の結腸直腸癌リスクも24%低下しました。

非胃腸がんの場合、アスピリンは白血病、肺がん、前立腺がんのリスクを有意に低下させると思われたが、他のがん(乳がん、膀胱がん、腎臓がん、多発性骨髄腫など)には大きな影響はなかった。

したがって、研究者らは、アスピリンの長期使用は、主要なタイプの[がん]を減らすことができると結論しているが、恩恵は胸や腎臓などの他の非 – 胃腸がんに限られている。

アスピリンの長期使用は多くの主要ながんの発症リスクを低下させることができることを実証している[…]消化管内のがんの結果の重要性は注目に値する。特に肝臓や食道がんの場合は非常に重要です。

Kelvin Tsoi教授

Like this post? Please share to your friends: