大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

心臓病:「たったのたばこ1本だけ」がリスクを高める

研究者らは、公開された研究の新たなレビューを行った後、喫煙者は、心臓血管疾患のリスクを有意に減少させたい場合には、完全に終了するのではなく、終了することを推奨する。

タバコを吸う女性

イギリスのユニバーシティー・カレッジ・ロンドンの教授であるアラン・ハックショウ(Allan Hackshaw)が主導したこのレビューの報告によれば、1日あたり1本のタバコを喫煙しても、脳卒中や冠状動脈性心疾患のリスクは「予想以上に高い」

彼と彼の同僚は、1日あたり1本のタバコについての喫煙のリスクは、1日あたり20本を喫煙する人々の約半分であると計算しています。

この発見は、1日当たりわずか数本のタバコを喫煙することが「比較的安全」であるという広く見解に挑戦している。

代わりに、「心臓血管疾患に対して安全な喫煙レベルは存在しない」と結論づけている。

「早期死の最も予防可能な原因」

「タバコは、メーカーが意図したとおりに使用すると、多くのユーザーを殺す唯一の法的薬物です」と、世界保健機関(WHO)は宣言しています。

最新のWHOの見積もりによると、世界中で700万人以上の人々が毎年タバコを使用して死亡していることが明らかになっています。この数値には、間接喫煙曝露による死者約89万人が含まれています。

米国では、喫煙が「早期死亡の最も予防可能な原因」とされている。米国心臓協会(American Heart Association)によると、喫煙は「身体活動に対する耐性を低下させ、血液の凝固傾向を高める」と述べている。

喫煙は、アテローム性動脈硬化症を含む多くの持続的な健康問題を発症するリスクを増大させ、脂肪沈着が動脈内に蓄積し、それによって脳卒中および冠状動脈性心臓病のリスクが上昇する。結果として、喫煙者における心臓病の危険性は、非喫煙者の2倍である。

男性のリスクは高く、女性のリスクも高い

Hackshaw教授らは、偶発的な単一の研究によってレビューを実施するよう促され、20年前に報告された5件の研究のレビューにより、1日5本未満の喫煙からの冠状動脈性心臓病のリスクが予想よりも高かったことが判明した。

したがって、体系的なレビューとメタアナリシスのために、141人の公開された研究のデータを使用して、喫煙者と比較して、1日あたり1つ、5つ、および20個のたばこを喫煙する人々の冠動脈心疾患および脳卒中のリスクを計算した。

すべての研究からのデータを用いて、1日あたり1本のタバコについての喫煙は、48%の冠状動脈性心疾患のリスクと関連しており、25%の男性の脳卒中の危険性が上昇していると計算されています。

しかし、これらのリスクを増大させる可能性のある他の要因の影響を考慮して結果を調整した研究のデータのみを使用した場合、彼らはそれぞれ74%と30%に上昇しました。

女性の分析では、1日あたり1本のタバコについて喫煙に伴うリスクの推定値がさらに高くなりました。冠状動脈性心臓病では57%、卒中では31%でした。

再び、交絡要因を考慮した研究のみを分析すると、これらの数値はそれぞれ119%と46%に上昇しました。

1日2〜3回の喫煙は大きなリスクを伴う

研究者はまた、1日に少数の喫煙と20本の喫煙を比較した。

彼らは、決して喫煙と比較して、1日あたり1本のタバコについての喫煙が、喫煙に関連する冠状動脈性心臓病および脳卒中の危険の40-50%を1日に20回運ぶことを見出した。

「冠状動脈性心疾患と脳卒中のリスクの大部分は毎日2本のたばこだけを喫煙することから来ている」と彼らは主張している。

彼らは、多くの人々がこれらの知見に驚くかもしれないことを示唆している。 「しかし、低レベルの喫煙に伴う予期せず高いリスクを説明するのに役立つ生物学的メカニズムもある」と付け加えた。

「完全な停止は保護的です」

カナダのオタワ大学の助教授ケネス・ジョンソンは、「喫煙が心臓病や脳卒中から保護されていないという前提が解消された」と述べている。

レビューに関連した編集で、彼は公衆衛生へのその意義を論じ、「完全な停止は保護的であり、すべての予防措置と政策によって強調されるべきである」と結論づけている。

同氏は、「冠状動脈性心臓病および脳卒中の著しい減少がこれらの製品の使用から早まることを示唆している」ため、新たな「危険性の低い」たばこ製品を扱っている規制当局に注意を促すよう促す。

「喫煙者のための自宅へのメッセージは、たばこの煙にさらされることが多すぎるということです。

Kenneth C. Johnson教授

Like this post? Please share to your friends: