大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

毎年1百万人が自殺する – 世界自殺予防デー、2011年9月10日

今日は世界自殺予防デーです – WHO(世界保健機関)とIASP(国際自殺予防協会)は、毎年、この日をグローバルな自殺率に対抗しようとしてスポンサーしています。

今年のイベントには次のものが含まれます:

  • アイルランドの何千という灯籠のリリース
  • マレーシアのボランティアワークショップ
  • アメリカとオーストラリアのいくつかの組織された散歩
  • 人生儀式のイヌイット祝典、国会議事堂、カナダ
  • インド、バンガロールでの教育セミナー

WHOによると、世界中で約100万人の人々が毎年自殺しており、40秒ごとに約1死亡、1日に3000人が死亡しています。自分自身の人生を取る人それぞれについて、少なくとも20人がそうしようとします。自殺は10万人あたり16人の世界的な死亡率を有する。

IASPのラニー・バーマン会長は、次のように述べています。

「2011年9月10日の世界自殺予防デーでは、「多文化社会における自殺予防」をテーマに、自殺行動に影響を与える文化的要因さまざまな設定で

私たちは、自殺防止のための我々の調整されたアプローチから肯定的な結果を見ました。例えば、香港のスーパーマーケットチェーンで炭の販売が制限されたことで、炭の燃焼による中毒による自殺の数が大幅に減少し、地域レベルでの自殺予防への協調的なコミュニティの対応は、意図的な自己傷害と自殺の割合 “
バーマン博士は、米空軍の場合のように、指導者が自殺予防をシステム全体の最優先課題にすると、自殺率が大幅に低下すると述べた。うつ病の認識とケアの改善に集中しているプログラムが実施されると、自殺と自殺の回数は大幅に減少します。

バーマン博士は、

オーストラリアでは、銃器の法規制が厳しくなったことで銃器の自殺件数が大幅に減少しました。イングランドでは、店頭薬のパッケージングを変更することにより、制限されたアクセスが意図的な過量による死者数の減少をもたらしました。

これらのいくつかの例は、文化的要素を考慮すると、自殺防止、理解、実践の進歩において大きな進歩を遂げることができることを実証しています。
IASPは世界40カ国以上で活動を行っています。世界自殺予防デーのバナーは40以上の言語で作成されています。

自殺

自殺は世界的に死因の第10位です。米国では殺人の度に2つの自殺があります。世界中で、自殺率は先進国を中心に過去50年間で60%増加しています。

すべての自殺の60%がアジアで発生しています。中国WHOによれば、インドと日本はすべての自殺者の約40%を占めている。

米国における自殺の16.5%がアルコール関連である。アルコール中毒は、人口の残りの部分と比較して自殺のリスクが5倍から20倍である。薬物を誤用する人は、自分の命を奪う可能性が10倍から20倍です。 35歳未満の人々のうち約33%の自殺者は、アルコールやその他の物質の誤用が一次的に診断されています。思春期の自殺の中で、アルコールや薬物乱用は、症例の最大70%の要因である。

西側諸国では、男性は女性よりも自殺率が高いが、女性は自殺を頻繁に試みている。専門家は、これはおそらく、男性が効果的な暴力的手段によって人生を終わらせることをより喜んでいるからだと言います。世界の大部分の国では、薬物過量が女性の自殺の約3分の2、男性の3分の1を占めています。

Like this post? Please share to your friends: