大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

心臓発作後1年、胸の痛みは多くのために残る

心臓発作の患者の約20%は、主要な心臓事象の後に1年以内に狭心症(胸痛)を経験すると、6月23日号の内科学のアーカイブに新しい研究を発表した研究者によると、

入院患者と外来患者の両方の設定において、一般的に心臓発作として知られる心筋梗塞後心筋梗塞(MI)の第一の目標は、狭心症として知られる胸部痛に対するものである。この時点までに、MIの1年後に起こる院内疼痛の有病率および治療に焦点を当てた研究はほとんどまたはまったく行われていない。著者Thomas M.Maddox、M.D.、S.M。 (デンバー退役軍人医療センターおよびコロラド州デンバー大学)と同僚は、「これらの要因を特定することにより、心筋梗塞後に狭心症のリスクが最も高い患者をより完全に理解することができる」と述べている。残りの胸部の痛みを治療し、他の健康関連の生活習慣の中で運動する患者の能力を向上させるためには、狭心症のリスクが最も高いこの人を特定することが医師にとって重要です。

この研究は、2003年1月3日から2004年6月までに選択された1,957人の患者から成っていた。研究者は、入院後1年間に起こる胸部痛、社会人口学的情報、臨床的および生活習慣要因に関する詳細を含む調査を記入するように患者に求めた。

MI入院後1年目の狭心症は、患者の約20%(1,957人中389人)が報告しています。毎日の胸痛は、1.2%(1,957のうち24)、週3回の胸痛が3%(597件のうち1,957件)、週1回の胸痛が15.6%(1,957件中306件)で報告されています。

より重要なのは、以前に冠状動脈バイパス術を受けていた男性と、胸部痛を経験した患者がMI後にアンギナ症を経験する可能性が高いことであった。さらに、1年後の胸痛は、喫煙を継続した患者、入院後に心臓の血流(血管再生)を可能にする手術を受けた患者、および新たな、持続的または一過性の徴候が顕著に認められた患者と関連していた。

「デモグラフィック、臨床、入院および外来の特徴を含む1年間の狭心症には、複数の要因が関連していました。これらの関係の認識は、急性心筋梗塞後のリスクのある患者のモニタリングにおいて重要になります。さらに、心筋梗塞後の狭心症を緩和し、その後の心拍出量を改善するための探索において、うつ病や禁煙などの修正因子の今後の調査が重要になるだろう」と語った。

心筋梗塞後1年間の狭心症:有病率および関連所見
Thomas M. Maddox、MD、SM; Kimberly J. Reid、MS; John A.Spertus、MD、MPH; Murray Mittleman、MD、PhD; Harlan M. Krumholz、MD、SM; Susmita Parashar、MD、MPH; P. Michael Ho、MD、PhD; John S.Rumsfeld、MD、PhD
内科のアーカイブ(2008年)。 168 [12]:pp。 1310-1316。
要約を表示するにはここをクリックしてください

執筆者:Peter M Crosta

Like this post? Please share to your friends: