大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

1日に1杯のワインがうつ病を救うかもしれない

適度に赤ワインを飲むと健康に良いと聞いています。しかし、現在、ワインを飲むことでうつ病の危険性が減る可能性があるという調査結果が、この雑誌に掲載された調査によると、

スペインの研究者らは、PREDIMEDトライアル(栄養と心臓血管リスクに関する研究を行う研究)から7年間、男性2,683人と女性2,822人を分析した。

すべての参加者は55歳から80歳であり、研究開始時のうつ病やアルコール関連の病歴はなかった。

彼らは、アルコール摂取量を評価するために、有効な137項目の食物頻度アンケートを毎年完成させる必要があり、精神的健康および生活様式は研究期間中分析されました。

週に2〜7杯のワインがうつ病を軽減する可能性がある

この調査の結果、適度な量のアルコール(1日5〜15g)を飲んだ人々はうつ病に罹りにくいことが明らかになりました。

女性のワインを飲む女性
研究者らは、1週間に2〜7杯のワインを飲むと、うつ病の危険性を減らすことができると述べています。

さらに、1週間に2〜7杯の小グラスを飲んだ人は、うつ病のリスクがさらに低いことが判明しました。

研究者らは、これらの結果は、婚姻状態、喫煙、食事などの生活習慣や社会的要因を考慮しても変わらないと述べています。

しかし、1週間に7杯を超えるワインの消費がうつ病のリスクを高める可能性があるというさらなる知見がある。この研究の著者は、アルコール消費量の増加は男性のほうが頻繁で、88%が毎日15g以上のアルコールを飲んでいると付け加えています。

以前のPREDIMED試験の研究では、中等度のアルコールが心臓病を予防することができたとの報告があり、研究者らは、

「単極うつ病および心血管疾患は、いくつかの共通の病態生理学的機序を共有する可能性が高い。

中程度のアルコール摂取、特にワインからのアルコールは、循環器疾患の発生率と反比例すると繰り返し報告されている。この逆相関に関する責任あるメカニズムのいくつかは、うつ病のリスクの低下にも関与する可能性が高い」と語った。

重度の酒飲みでうつ病の割合が「過小評価」される

研究の著者らは、大きなサンプルサイズを含め、この研究には多くの強みがあると言いますが、いくつかの制限があると警告しています。

「私たちは専らうつ病の臨床診断を使用しているわけではありません。おそらく、感度を犠牲にして高い特異性を達成しているでしょう」と研究者らは述べています。

また、酒飲みのパターンが看護を求める意思決定に結びつく可能性もあり、酒飲みが多かった場合、酒飲みの割合が低下する可能性があります」

以前の研究は、ワインの消費が他の多くの健康上の利点を促進する可能性があると示唆しています昨年、レスター大学の研究によると、レスベラトールと呼ばれる赤ワインの化学物質が癌を予防する助けとなることが判明しました。

バルセロナ大学の他の研究によると、ワインに含まれる化合物は日焼けを防ぐことさえあるかもしれません。

Like this post? Please share to your friends: